あさイチ 代謝の下り坂を止めるのに、ハイカカオチョコレートを

40代に差し掛かると、体の代謝が急激に下がり始「筋肉が減ると基礎代謝が落ちるから、「運動をして、筋肉をふやそうと」盛んに言われています。でも、なかなか継続できないのが現実ですよね。

あさイチ(11月28日)では、「こんな方法でいいの?」という驚きの方法を教えてくれます。

スポンサーリンク

あさイチ(11月28日) 基礎代謝の見直し

基礎代謝は、筋肉だけのものではなく、体の各部位で日々代謝が行われています。各部位ごとの基礎代謝の大きさは違います。

基礎代謝5大部位

1位  筋肉  22%

2位  肝臓  21%

3位  脳   20%

4位  心臓   9%

5位  腎臓   8%

このように、筋肉は1位なので、ますます筋トレがいいのでは?と思いますが、実はそう簡単なものではありません。

筋肉増では、基礎代謝は上げにくい

驚くことに、ハードな筋トレで筋肉量が1キロ増えたとしても、基礎代謝は 13キロカロリー=ご飯一口分以下しか増えないのです。

「エーーーッ!!」と驚きの声が上がります。

運動することで体調が良くなる、などの効果は別として、筋トレをして基礎代謝量を増やそうというのは、実は効率が悪いことだったのです!!

そうはいっても、筋肉以外のものは鍛えることが難しいですよね。考え事をして、脳を使えばいいのかな?ぐらいしか、思いつきません。それも、どれほど効果があるものなのか・・・

基礎代謝の下り坂を止めるためには「肝臓」が大切

年齢と共に基礎代謝は下がるもの。効率よく上げることは難しいので、「基礎代謝を下げない」ことが重要です。そのためには、「肝臓の働き」が大切になります。

肝臓はどんな働きをしているのか

肝臓は、アルコールを分解するだけではなく、代謝に必要な物質を500種類以上も作り出しています。イメージで言うと、体の中に巨大な工場があるようなものです。 だから、肝臓を健康に保つことで 、「基礎代謝を下げない」ことができるのです。

肝機能は、日々の飲酒、食べすぎ、ストレスで落ちていきます。最近の25年間(1990年から)で、健康診断で肝機能の異常があった人は、なんと2倍近くになっています。

(厚生労働省「定期健康診断結果調査」より)

肝臓に負担がかかる食生活は?

では、日々の生活で、肝臓をケアするには、どうしたらいいのでしょうか?

ここで、肝臓専門医の栗原毅先生の登場です。代謝のためにどう肝臓をいたわるべきかを聞きます。

「最大のポイントは、ゆっくりかんで、糖の吸収をゆっくりにすることです。」

肝臓に最も負担がかかるのが、大量の糖質を、短い時間に中性脂肪に作り変えることです。

肝臓の中で起こること

1.糖質が必要以上に肝臓に送られる。

2.中性脂肪として肝臓に蓄えられる。

3.肝臓の機能が損なわれる。

4.代謝に必要な物質が作りにくくなる。

5.基礎代謝が落ちやすくなる。

栗原先生は、患者にゆっくり食べてもらうために、お気に入りの箸置きを使い、1口食べるたびに箸を箸置きにおくこと、そして30回噛むことを500人以上に奨めましたが、1、2人しか続けられなかったと。これには、スタジオも「そりゃ、そうでしょうね。」「メンドー」というざわつきが起きます。

肝臓のケアをする、誰でも続けられる簡単な食生活は?

ところが、栗原先生は、3年前に人間の食べたい本能を利用した、とっても簡単な方法を思いついたのです。

そこで、活用するのが、カカオ配合量70%以上のハイカカオチョコレートです。

スポンサーリンク

この方法を試したところ、 患者の継続率は、100% !!

どうして、この方法が、肝臓を守るのでしょうか?

ハイカカオチョコレートが肝臓を守るしくみ

ハイカカオチョコレートとは、一般的な甘みの強いチョコレートではなく、カカオの比率が70%以上のチョコレートのことです。カカオの風味に、ほんのり甘さが加わったおいしさがあります。

カカオには、ポリフェノールが豊富に含まれているので、結果、ハイカカオチョコレートには、ポリフェノールが多く含まれることになります。

ポリフェノールの量(100gあたり)

紅茶      100mg

赤ワイン    180mg

チョコレート 2540mg
(カカオ72%のもの)

圧倒的に、ハイカカオチョコレートのポリフェノール含有量が多いのです。

肝臓は、飲みすぎや、食べすぎ、ストレスを受けて発生した活性酸素で、痛めつけられます。

そうすると、代謝に必要な物質が作られにくくなります。

ところが、ポリフェノールには抗酸化作用があるため、チョコレートを食べていると肝臓を活性酸素から守ってくれるのです。

さらに、カカオ70%以上のハイカカオチョコレートには、 ポリフェノールが多いだけでなく、食物繊維も 、電解質も多いので、これも効果的です。

では、どうやって、どれだけの量を食べればいいのでしょうか?

肝臓を守る、ハイカカオチョコレートの食べ方

食べるのは、1日25gです。ひとかけらが5g 前後のものが多いので、5カケラほどになります。 結構な量ありますが、これをこまめに分けて食べることが大切です。

5回にわけて1カケラずつ食べる

朝・昼・夕の食事前

午前・午後の間食

ポリフェノールは代謝が比較的早いので、まめみ補給するのが、肝臓を守るのには効率的だし、食物繊維が多いので、食事の前に食べると、その後の吸収を抑えるからです。

10時と3時のようなおやつにちょっと食べると、気持ちもリラックスして、。ストレス解消になりますね。ただ、1カケラでやめないといけませんが。就寝前は、やめた方がいいです。

実際に、肝臓疾患をある31人にの脂肪肝の患者が、ハイカカオチョコレートを食べる方法を続けたところ、肝臓の異常を示す数値 ALT とγ GTP、 悪玉コレステロールの値が下がり、善玉コレステロールが増加しました。これには、栗原先生も驚いたそうです。

脂肪肝には、治療法がな、唯一効くと言われているのが、このハイカカオチョコレートを食べる方法でけです。こうなると、ハイカカコチョコレートはお菓子ではなく、健康食品とも言えますね。

健康な人にも、もちろん効果があるので、ハイカカコチョコレートを活用して、肝臓をポリフェノールで守り、基礎代謝を下げないようにしましょう!!

バレンタインデーも変化していますが、チョコレートも変わってきています。最近は、カカオの健康効果を生かすため、カカオの配合量を70%以上にし、甘みを抑えたハイカカオチョコレートの人気が急上昇。新しいおいしさと健康効果を備えたチョコをシニアの方へ。
「チョコレートダイエット」という方法があります。なぜ、可能になったのかというとカカオの比率が70%以上の「ハイカカコチョコレート」が登場してきたからです。食事の少し前に1カケ程度を食べると、空腹が静まり、食べる量を自然と抑えることができます。
女性と男性では甘いものが好きな人が多いのは、だんぜん女性です。だから、高級チョコレートを贈ったとしても、心からおいしかったと思ってもらえているかちょっと心配もありませんか?でも、ハイカカオチョコレートの登場で、状況は変わりました。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。