がっちりマンデー 歌舞伎の裏方、法人シート、チケットプレゼントも

今日(12月9日)のがっちりマンデーでは、歌舞伎ビジネスがテーマ。歌舞伎ファンの私には見逃せません。

松竹の迫本淳一社長がゲストに登場。この方は、元は不動産会社におり、さらに弁護士資格ももつ異色の方。

「歌舞伎は大量生産できるものではないので、皆の手づくりでチームでやっていくもの。儲からなくても、やり続けることが大切。そのしくみが重要」と。
心強いお言葉です。

最期には、1月歌舞伎座チケットのプレゼントをしてくれます。応募は12月11日まで。

スポンサーリンク

がっちりマンデー 歌舞伎の稽古に潜入

11月南座公演の稽古に潜入。片岡仁左衛門主演の「封印切」の稽古の様子が見られます。

稽古は、なんと、劇場内のロビーにゴザをしいて行われていました。驚きです!!

南座には稽古場がなく、大道具のセットなどで舞台が使えない時は、ここで稽古をするそうです。

確かに、南座には、ゆったり座れる椅子が置いてある、広い空間があり、贅沢なことだと思っていましたが、こういうことだったのですね!

歌舞伎の稽古はたったの3日

歌舞伎の稽古は、古典の場合、だいたい3日程。普通の舞台では考えられません。

歌舞伎では、これがなぜできるのかを十五代目片岡仁左衛門が答えます。

「古典の場合、役者はそれぞれ基本的な動きについては、心得がなくてはいけない。」

「だから、お稽古というよりは、整理、という感じ」

舞台とは違う、やんわりとした関西弁と、やさしい笑顔が素敵です。

小さい時から、歌舞伎役者は、様々な古典歌舞伎について繰り返し稽古しているので、セリフ、所作が体に入っていて当然。だから、できるのですね。

新作歌舞伎の時は、初日が、少し遅くなったりします。

歌舞伎では主演が演出も

歌舞伎では、主演が演出もします。役者に対する演技指導だけでなく、義太夫の太夫に、語りのニュアンスを指示したり。もっとこういうふうに、とやってみせる仁左衛門の声がよくて、うっとり。なんでもできるから、いい舞台になるんだなと。

衣装をつけての舞台稽古になると、照明をチェックしたり、小道具の配置やら、何もかもに目を配り、花道に何度も出て、全体を見渡しています。この熱意があるから、いちまでも若々しいんですよね。

歌舞伎の裏方

古典の歌舞伎の衣装は、役柄で決まっていますが、同じ役をいろいろな役者がやるので、その人に合わせて治す必要があります。

着物は、もともと、お直しできる構造になっていますが、生地を傷めないために、ほどきやすさも考えて、粗い目で縫います。衣装は、普通の着物よりも重たいつくりになっている場合が多いですが、それでも大丈夫なんですね。

また、今回の「封印切」では、小判の封印が切られて、ジャラジャラと畳の上に散らばるところがクライマックスなのですが、小判がピカピカに見えるために、毎回小判を磨いてから、封印しなおすと。ます。役者が封印を切りやすいように、少し切れ目をいれています。

「役者をカッコよく見せるのに必死なんです、僕らは。」と。

芝居が好きだから、できる仕事なんですね。

また、役者が演出する歌舞伎では、役者によって、同じ芝居でも演出が変わってきます。だから、小道具なども、主演者に合わせて準備しています。贅沢なことです。

仁左衛門は、「合理的に考えれば無駄なものが、非常に大事、それを包み込んでくれるのは松竹しかないんです。」と、大きな信頼を寄せています。

10月歌舞伎座は、 勘三郎の七回忌追善公演 。亡くなってもう7年も経つのかと言う感慨と、でも、 あの時のショック、悲しさは、消えることないという気持ちが、同時に湧き上がります。遺影となる写真を見ると、まだ胸がうずきます。

歌舞伎座チケット 法人シートの営業

法人シートというのは、この番組で初めて知りました。私は一個人ですから、当然ですよね。そういえば、友達の会社で、取引先からコンスタントに歌舞伎チケットがいただける、ということを聞きました。これが、もしかして法人シートのチケット?

この制度は5年前から始めたそうです。企業向けの法人シートを年間契約で販売します。シーズンシートのようなものですね。企業は、社員の福利厚生や、営業先へのサービスなどに使います。

25~50回の観劇ができて、50~200万円まであります。5年間で売上が1憶1千万円にまでなっているのですが、これを、なんと、たった一人の女性の営業で達成しています。平均100万円の契約とすると、110件の企業との契約ということですから、かなりの頑張りですね。

スポンサーリンク

効率よく企業を開拓するために、「就職四季報 優良・中堅企業版」を活用。4500社程企業が掲載されていますが、上場していない企業が多いとのこと。

中堅規模で、経営の安定している企業のオーナーは、全国区へのあかがれがあるそうで、そこに、歌舞伎座のロゴが入った便せんが届くわけです。文面は手描きのものをコピー、宛名は手描きです。「歌舞伎座から手紙が届いた」となると、敷居が高い分、悪い気はしませんよね。

歌舞伎座チケットプレゼント

「やっとこのごろビジネスになってきた」と言う、迫本淳一社長

最期に、歌舞伎座1月公演チケットのプレゼントがあり、「昼夜、各4枚」と言ったところ、番組MCの加藤浩次から、「4って、ちょっとよくない数字ですよね?と言われ、「加藤さんが歌舞伎座に来てくれるなら」ということで、「昼夜8枚ずつプレゼント」になりました。さらに、歌舞伎座マスコットの「かぶきにゃんたろう」もついてきます。

歌舞伎座1月公演チケット応募方法

昼の部 4組8名 0180-992-021

夜の部 4組8名 0180-992-022

締切  12月11日火曜日

また、下記の番組ホームページからも申しこめます。中から下のほうを見てください。

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/

当たれば一等席になりますが、三等の3階席もオペラグラスがあれば、十分見えます。オペラグラスがなくても、劇場で貸し出ししています。歌舞伎は前売が毎月12日なので、お正月に歌舞伎座に行って見たい方は、プレゼントに応募しなかったほうの部で、3階チケット(B席4000円かA席6000円)をとるのもおすすめです。なお、3階A席の西側は、花道が観えないのおすすめしません。

http://www1.ticket-web-shochiku.com/t/

がっちりマンデー見逃した方は

見逃した方は、民放公式TVポータルサイトティーバーの無料配信でみることができます。

https://tver.jp/

これは最新回のみなので、1週間12月16日以降は、「パラビ」の動画配信サービスで見る事ができます。仁左衛門のファンの方に、ちょっと歌舞伎に興味のある方は、必見です。

https://www.paravi.jp/

がっちりマンデー!!(TBS 7時半~8時)12月9日は、「歌舞伎ビジネスの裏側に潜入」という、私にとっては、とても興味のあるテーマです。歌舞伎座は、ほぼ毎月観劇していますから。伝統芸能である歌舞伎の年間興行収入127億円の秘密に迫ります。
日本TV年明けの恒例特番『市川海老蔵に、ござりまする2019』が、1/14に放送されます。今月の新橋演舞場では、麗禾ちゃんと勸玄くんも出演。勸玄くんが海老蔵のと共演する昼の部の「番隨長兵衛」を先日観たので、稽古の様子がどんなだったのか楽しみです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。