歌舞伎一覧

南座十二月夜の部感想 仁左衛門のいがみの権太、松嶋屋三代共演

南座新開場記念の十二月公演、夜の部の一幕目は、『義経千本桜』の「すし屋」のいがみの権太を、仁左衛門が演じます。この演目が観たくて京都まで来たわけですが、松嶋屋親子孫三代、つまり、片岡仁左衛門、孝太郎、千之助が出演する、という記念公演でもありました。