歌舞伎一覧

十一月歌舞伎座夜の部感想 市松小僧の女がいい。莟玉披露・親子連獅子も

一幕の莟丸お披露目、二幕の親子の連獅子に注目していましたが、思いもよらず、三幕目の「市松小僧の女」がとてもよかったのです。今まで見たことない演目で、笑いと愛情にあふれる物語。時蔵、鴈治郎で松竹座で再演して欲しいです。池波正太郎の作品はすばらしい。

スーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」猿之助主演感想 演出は刺激的だけど

客席に入ると、舞台の背面は鏡になっており、客席が写っています。これは初演の三代目猿之助の演出を踏襲したものだとのこと。舞台上には、オグリ判官と照手姫の衣装が飾ってあります。この新しい演出に「どんな舞台になるんだろう」というワクワク感が高まります。

九月歌舞伎座「寺子屋」感想 幸四郎と児太郎がお似合い、丑之助も出演

九月の歌舞伎座は秀山祭。初世中村吉右衛門の芸の精神を伝える演目が並びます。夜の部は、「寺子屋」から始まります。 「寺子屋」は、主君のために子供を犠牲にする演目なので、あんまり続くとイヤになりますが、役者によって味わいが違い、人気演目になるのも納得です。

八月納涼歌舞伎「雪之丞」千秋楽のアドリブ。七之助が勘三郎に似ている!

八月納涼歌舞伎第三部の「新版雪之丞変化」は、過去に上演された仇討物とは違い、歌舞伎役者の心情や、芸道観を描きだしてます。だから、「このシーンを観るだけで通える」と思ったのが、舞台終演後、お風呂帰りに雪之丞と星三郎が芝居について語り合うシーンです。

麗禾ちゃん襲名で「市川ぼたん」に お正月公演で感じた日舞の上手さ

海老蔵の長女麗禾ちゃんが、日本舞踏市川流の名前「市川ぼたん」を襲名することになりました。現在は海老蔵の妹が三代目市川ぼたんですが、彼女は四代目市川翠扇を襲名することに。麗禾ちゃんを初めて舞台で観たのは、おととし10月の河東節の「開局三百年記念公演」。

五月歌舞伎座初日観劇 菊之助長男和史君が丑之助襲名 祝幕は宮崎駿が

令和になって3日目の5月3日、「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部に行ってきました。 夜の部の目玉は、菊之助長男の和史君が、「絵本牛若丸」にて、役者の名跡、七代目丑之助を襲名すること。父の菊之助の子役時代の名跡と同じです。これから、本当の歌舞伎役者として踏み出します。