月組「アイムフロムーオーストリア」感想 タマキチは若返っていたけど

「何で、今更このミュージカル?」 1幕後半ごろになっていたでしょうか?この気持ちが頭をもたげてきたのは? タマキチは若いぼんぼんでスッとしているし、れいこちゃんは嫌なヤツを元気一杯演じている。サクラも前作のお通よりも、ずっとずっとずーーっといいです。

スカッとジャパン11月18日元宝塚大空ゆうひ、池田朱那でファミリースカット

11月18日8時からの「痛快TV スカッとジャパン」に、元宝塚トップスターの大空ゆうひが出演します。以前に元宝塚トップスター貴城けいと凰稀かなめが出演した「ハンサムウーマン」というコーナーかなと思っていましたが、「ファミリースカット」出演のようです。

スーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」猿之助主演感想 演出は刺激的だけど

客席に入ると、舞台の背面は鏡になっており、客席が写っています。これは初演の三代目猿之助の演出を踏襲したものだとのこと。舞台上には、オグリ判官と照手姫の衣装が飾ってあります。この新しい演出に「どんな舞台になるんだろう」というワクワク感が高まります。

九月歌舞伎座「寺子屋」感想 幸四郎と児太郎がお似合い、丑之助も出演

九月の歌舞伎座は秀山祭。初世中村吉右衛門の芸の精神を伝える演目が並びます。夜の部は、「寺子屋」から始まります。 「寺子屋」は、主君のために子供を犠牲にする演目なので、あんまり続くとイヤになりますが、役者によって味わいが違い、人気演目になるのも納得です。

八月納涼歌舞伎「雪之丞」千秋楽のアドリブ。七之助が勘三郎に似ている!

八月納涼歌舞伎第三部の「新版雪之丞変化」は、過去に上演された仇討物とは違い、歌舞伎役者の心情や、芸道観を描きだしてます。だから、「このシーンを観るだけで通える」と思ったのが、舞台終演後、お風呂帰りに雪之丞と星三郎が芝居について語り合うシーンです。