鉄道ひたすら歩き4(1/12)吾妻線渋川駅から、川原湯温泉駅へ

1月12日のTV東京「土曜スペシャル 鉄道ひたすら歩き4」は、鉄道沿いの道をひたすら歩いてゴールを目指す、人気シリーズの第4弾です。

旅するのは、鉄道好きのリーダー福澤朗、村井美樹、小島よしおの早稲田トリオに、ゲストの中村静香。群馬を横断する秘境路線“吾妻線”に添って、歩きます。

スポンサーリンク

鉄道ひたすら歩き4(1/12)吾妻線とは

群馬を横断する秘境路線“吾妻線”。伊香保、四万、草津、万座など多くの名湯の玄関口としても知られる温泉ロードです。

吾妻線の旅のスタートは、渋川駅から。11駅先の川原湯温泉のある、「今しかはいれない秘湯」をめざして、40キロの道のりを歩きます。

吾妻線と真田氏

私は、仕事で吾妻線に乗り、渋川から7つ目の群馬原町駅で降りたことが数回あります。初めは、無人駅でちょっとびっくりしましたが、電車からは、山の中を流れる川が見えて、仕事以外で来てもいいかもと思う、癒される美しい景色でした。

NHKの大河ドラマで「真田丸」をやっていた時で、駅前には、六文銭の入った旗が。

吾妻線 群馬原町駅

ここは、真田家ゆかりの岩櫃城の最寄り駅でもありました。岩櫃城まで、徒歩60分です。TVでは見ていたけれど、本当にここで起こったことなんだなと、実感しました。

岩櫃城ののぼり?

今回の「鉄道ひたすら歩き4」でも、きっと真田氏のことはとりあげられるでしょう。岩櫃(いわびつ)東吾妻町観光情報から、下記のツィターがありましたから。

川原湯温泉 ダムの底に沈む前に

川原湯温泉は、吾妻渓谷のすぐそばにある温泉街です。この温泉の歴史は古く、源頼朝が発見したのが起源とされています。

スポンサーリンク

番組予告で「今しか入れない秘湯」と言っているのは、この温泉街は、八ッ場ダム(やんばダム)の建築によって、ダムの底に沈んでしまうからではないでしょうか?

川原湯温泉街は、すでに高台の代替地へ移転をすすめ、新温泉街としてスタートを切っています。が、一部は残っています。

一行は、旧温泉街に行き、まだ残っている秘湯に入るのでしょう。貴重な体験になりますね。

鉄道ひたすら歩き4(1/12)はお昼にも

本編はPM6時半~8時54分の約2時間半ですが、PM1時25分~2時25分の「先だしSP」番組があります。

「群馬県にシャンソン館?」と思ったのですが、

平成7年(1995)創立。シャンソン歌手芦野宏が開設。一般財団法人羽鳥文化振興財団が運営。シャンソンの専門博物館。シャンソンに関する資料を収集・展示する。シャンソンの情報検索システムやライブハウスがある。関連イベントや企画展も行っている。

ということです。

「吾妻線」沿線の建物と思っていると、おしゃれな洋館でびっくりします。

http://www.chanson-museum.com/

出演者 中村静香

生年月日:1988年9月9日(現在27歳)
出身地:京都府
身長:163 cm

2002年4月に”プチドル”にて、アイドル予備軍のメンバーを集めた”プチドル隊”のメンバーとして芸能界にデビュー。

グラビア活動の他に、バラエティでも幅広く活躍している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。