十二月歌舞伎座昼の部初日感想「お染の七役」壱太郎を玉三郎が指導

12月の歌舞伎座公演は、昼も夜も玉三郎の指導のもと、若手が初役に挑戦するのが話題です。それも、玉三郎が得意としてきた、人気の演目ばかり。

昼の部は、上方歌舞伎の中村壱太郎(28)が、「お染久松」のお染の七役を勤めます。

スポンサーリンク

壱太郎を玉三郎が指導 今年のお正月公演から始まる

昨年の10月に、長唄の名曲である「秋の色草」の舞踊で、玉三郎と梅枝、児太郎が共演しました。この曲には、途中「琴の相方」という、三味線とお琴で演奏する華やかな部分があります。ここで若手二人が琴の生演奏をしたのです。これは、将来の「阿古屋」に備えてのことだろう、さすが玉三郎、と思いました。

そうしたら、今年のお正月公演が、玉三郎と壱太郎の舞踊公演に。玉三郎は昔からずっとファンですが、壱太郎は、踊りの確かさと、柔らかい女形らしさ、かわいらしさですっかりファンになっています。だから、とても嬉しい。

この時も「秋の色草」を共演しました。壱太郎は一人でお琴を弾くのかと思っていましたが、玉三郎も舞台に残り、二人での演奏となりました。

その時に驚いたのが、玉三郎のお琴を弾く姿勢です。

お琴というのは、少しうつむいて弾くものだと思っていましたが、玉三郎は、スッと背筋を伸ばしたまま、まぶたを伏せて、軽やかに指を使い、琴の上を、滑らかに腕を滑らせます。

弾いてる姿が、本当に美しいのです。10月に観た梅枝、児太郎とは、全然印象が違いました。

壱太郎は、必死で琴をみつめ、まちがわないように、琴の端っこを、1本の指ではじいているような感じでした。弾くことを見せる、というまでにはとても到達していません。

まさに、先生と生徒。当たり前ですが、「阿古屋」を上演できる玉三郎は、演奏技術から、こんなにも違うのか、と気づかされました。

壱太郎は、この時、自分一人の演目として「鷺娘」を踊りました。これこそが、玉三郎が世界でも認められた、代名詞のような演目です。壱太郎は、柔らかい空気をまとい、まぁるい感じのかわいらしさがあります。玉三郎は、スラリとしていて、まさに鷺のような美しさ。

壱太郎は踊れるので、きちんとできていましたが、やはり、玉三郎で刷り込まれている「鷺娘」からは程遠く、この作品のもつ、「踊り」だけではない魅力には、遠かったかなと。

でも、この時も、玉三郎が色々と教えてもらったようで、嬉しいことでした。

さらに、壱太郎は3月に歌舞伎座で、「滝の白糸」の主演を勤めます。これも、玉三郎の芸を引き継ぐこと。でもこの物語は、今の時代感覚とはズレているし、大人っぽい美女じゃないと、ただ哀れになってしまって、難しいなと思いました。

玉三郎と壱太郎では、キャラがあまりにも違うので。選ばれたのは嬉しいけれど、ちょっと残念でした。

十二月歌舞伎座 昼の部「お染の七役」感想

何年か前、猿之助がこの役をやった時、芸者や毒婦のお六はよかったのですが、主演となるお染に、お金持ちのお嬢様らしい美しさが感じられなくて、ちょっとがっくりでした。この役は、玉三郎のように、まず、「誰が見ても日本的な美しさを備えている」、という前提があり、その人が変わるから面白いんだなと。

スポンサーリンク

壱太郎は、玉三郎のように、スッとした美形ではありません。「滝の白糸」のこともあるし、だから、このお染がちょっと心配だったのです。庶民的だったらどうしようと。

でも、大丈夫でした!黒地に、中柄の花模様の振袖を着て、かわいさと華やかさを併せ持つかんざしをして登場してきた時は、まさに、ウブなお金持ちのお嬢さまでした。よかったー!

田舎娘であるお光は、思った通りぴったりです。まぁるい菊のような大きな銀色のかんざしを右側(たぶん)にさしていて、それがとっても良く似合う。お染とは違う、シンプルな着物なので、本来持つかわいらしさにピッタリ。

久松は、後ろ姿は女形のままで、なよっとしすぎ(-_-;)。スラリとしていないので、スキッとした二枚目とまではいきませんが、まぁ合格です。芸者小糸は、はんなり色っぽく、奥女中竹川はキリッとし、後家貞昌の老け役も、なかなかなもので、早変わりもスムーズだし、役作りもできていました。

ただ、土手のお六だけは・・・ダメでした。毒婦ですから。壱太郎もこういった役は初めてということですし、持ち味になさすぎる!!最近、玉三郎で観たばかりだし、とても同じ衣装とは思えない。さらに、この役だけが、芝居として長い。イキに着ているはずの着物が、だらしなく胸元がはだけているように見える。

まぁ、でも、これは仕方ないでしょう。それよりも、お染がきれいで、お光がかわいく、他の役も演じわけて、早変わりが楽しめました。今は、それで十分です。

舞台の最後には、お光の踊りとお六の踊りがつきます。そして、お六姿で、「昼の部は、本日はこれぎり」の舞台挨拶を壱太郎がしました!!感激しました!!!

後半で、もう一度観たいと思います。お六は成長しているでしょうか?ガンバレ、壱ちゃん!!若手の抜擢には、こういう楽しみがありますね。

昨年の10月に、長唄の名曲である「秋の色草」の舞踏劇で、玉三郎と梅枝、児太郎が共演しました。途中、三味線とお琴で演奏する部分があり、ここを若手二人が琴の生演奏をしました。玉三郎は、きっと将来の「阿古屋」の事を考えているんだと思っていました。
二幕目の新口村に、思いもよらず引き込まれた。雪の積もった真っ白な景色の中での悲しい親子の別れには、歌舞伎座のような広い華やかな舞台よりも、この劇場の方があっている。連獅子の壱太郎には、その技術の高さに感心し、驚かされるばかり。すばらしい。
「番町皿屋敷」の壱太郎のお菊は、殿様が最後は井戸に捨てさせてしまうほど愛されるいじらしさがあり、恋するがゆえの弱さとがにじみ出ていました。事実が露見してからの哀れな姿、覚悟を決めてからの風情、「こういうのが観たかった!」というものでした。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。