あさイチ 40代からの老化予防には、AGE量を減らす 調理法や食材

1月30日のあさイチは、「美容と健康!40代からの老化予防スペシャル」で、40代からの若さを保つひけつの特集です。

体内年齢が高いと、見た目年齢にも影響を及ぼすということで、体内年齢に関係する物質として、AGE量、骨密度、テロメアを取り上げます。

スポンサーリンク

40代からの老化予防 AGE量を減らす

老化の原因となる物質として、最近注目されているのがAGE(最終糖化産物)です。体にあるタンパク質が、食べ物と結びつくと、老化物質、つまりAGEになるのです。

AGEは、内臓の老化を引き起こし、糖尿病や心臓病、ガンになりやすく、死亡リスクが5倍ほどにあがります。アルツハイマー型認知症もおこしやすくなります。

また、外見の老化もひきおこすということで、アンチエイジングのスキンケアなどでは、AGEを作らない「糖化を防ぐ」商品というのが、すでにたくさんありますね。

AGEができる原因としては、睡眠不足やストレス、紫外線、たばこ等があります。これは、常に悪いものとされていますし、お酒も、アセトアルデヒドの作用で、AGEが作られやすくなります。

さらに、大切なのは、食生活です。炭水化物中心の食事や、間食で甘いのを食べつづけていると、糖が常に体の中に過剰にあり、AGEができすくなります。私は、糖質制限ダイエットを続けていますが、肌のツヤは良くなったように思います。おそらくAGEの量が減っているのだろうと。

体内年齢のためにも、見た目年齢のためにも、AGEを上げない食生活を紹介します。

調理の温度の比較

AGEは、生や蒸したものより、焼いたほうが多くなります。

☆豚肉200gの料理(単位はexAGE)☆

しゃぶしゃぶ  6,100

ポークステーキ 11,600

とんかつ    16,800

調理温度が高い程、食材の中の糖とたんぱく質が多くなり、AGEが多くなります。

ゆでる焼く<揚げる の順にAGEが増えます。

とんかつのAGEを下げる調理方法

生の豚肉にレモンをかけ、1時間ほど置きます。マリネするわけですね!レモンの代わりに、お酢でも、いいです。こうすることで、レモンに含まれるクエン酸により、タンパク質と糖がくっつきにくくなります。

AGEは11,000exAGEとなり、普通に上げたとんかつよりも、AGEが35%カットされます。

味も、レモンのすっぱさはなく、風味が残り、さっぱりしておいしい、ということです。40代以降になって食べる時は、ひと手間かけると、若さが保てるということですね。

野菜のAGEを下げる調理方法

野菜炒めでも、調理方法でAGEを下げることができます。

油を使うと温度があがるので、かわりに水を使って、ウォーターソテーにします。お鍋は、 ノンオイルで炒められる、素樹脂加工やセラミックのものがおすすめです。

調理は、強火だと、野菜の細胞壁が壊れて、野菜の水がでてしまうので、弱火か中火で行います。

スポンサーリンク

まず鍋に水を入れ、玉ねぎを炒めます。そこに塩を入れてうまみを足します。その後に、もやし、人参、キャベツを入れます。こげそうだったら、水をたして炒めます。塩、胡椒で味つけをしたあと、最後に鍋肌におしょうゆを流し入れます。

これで、AGEを、普通の野菜炒めの5分の1まで減らせます。おしょうゆの風味のせいか、普通の野菜炒めのようにおいしいということでしたが、どうでしょうね?物足りない人には、炒めあがってから、少し油を足せばいいのでは。

AGEの目安は

食材や料理によって、AGEは大きな差があります。例えば、ご飯は16だけれども、牛丼や天丼は約3,800。タンメンは254だけれども、豚骨ラーメンは5,422、タンタンメンは7,847(単位はexAGE)。豚骨は、骨をグラグラ煮ているから高くなります。

さらに注目なのが、カルボナーラの27,033です。サーロインステーキの26,843を超えています。これが謎でスタジオがもりあがりましたが、原因はベーコンでした!

ベーコンはすでに焼いているに、調理して、さらにカリカリに焼くからだとのこと。最近、お気に入りのベーコンがあって、朝、ほぼ、毎日たべているので、ちょっとショックです。今のがなくなったら、やめようと思いました。

1日のAGEの摂取量のめやすは、15,000exAGE以下です。1日ではなく、1~2週間で調整したらいいとのことでした。

AGEを減らす食材

食べた物の7%のAGEがたまっていきますが、AGEを減らす食品もあります。

〇えのき茸やシイタケ等のキノコ類

〇ブロッコリースプラウト

〇桜エビ(甲殻類の殻の成分)

〇カッテージチーズに

これらを一緒に食べると、AGEの吸収を抑えることができます。

コーヒーは、AGEは少量なので、1日3杯ぐらいのむのは、糖尿病の予防になっていいいす。

「老化予防にAGE量を減らす」のまとめ

今まで、カロリーや塩分は気にしていましたが、40代以降の老化防止のためには、AGE量も気にしたほうがいいことです。

AGE量を測定したい場合は、アンチエイジングを専門にしているクリニックなどで、測定できるというおとです。今後の若さと健康を保つためには、一度測定してみるのもいいかもしれませんね。

東京赤坂で、10日は通常5,000円のところ、3,000円で測定しているの病院がありました。10日を糖化ということに、ひっかています。

http://www.a3-clinic.com/inspection/ages.html

東京

銀座にもありました。やはり、5,000円です。インターネットで、探してみてください。

https://www.ginzahospital.com/option/age/

老化予防に骨密度

1月30日のあさイチは、「美容と健康!40代からの老化予防スペシャル」で、40代からの若さを保つひけつの特集です。 体内年齢に関係する物質として、AGE量、骨密度、テロメアを取り上げます。ここでは、見た目の老化に関係する、骨密度についてです。

老化予防にテロメア

1月30日のあさイチは、「美容と健康!40代からの老化予防スペシャル」で、40代からの若さを保つひけつの特集です。 体内年齢に関係する物質として、AGE量、骨密度、テロメアを取り上げます。1月30日のあさイチは、「美容と健康!40代からの老化予防スペシャル」で、40代からの若さを保つひけつの特集です。 体内年齢に関係する物質として、AGE量、骨密度、テロメアを取り上げます。テロメアは、老化と深い関係があるとされている物質です。

1月30日のあさイチは、「美容と健康!40代からの老化予防」がテーマです。 「どうすれば見た目の若さを保ちつつ、体の老化を防げるのか、その方法を徹底取材!誰でも簡単にできて、すぐに役立つ最新の老化予防法をご紹介します。」 見逃せませんね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。