ソレダメ 松尾タカシのお尻トレーニング アヒル・カニ・フラミンゴウォーク

ソレダメ(5/15)では、「夏までに美しくなる」ということで、最近注目目を集めているお尻トレーニングを取り上げます。

お尻の筋肉を鍛えることは、ヒップアップという美容効果だけでなく、「100才になっても自分の足で歩けるようになる」といいます。

お尻の専門トレーナーの松尾タカシさんから教えてもらいます。

スポンサーリンク

アヒルウォークで大殿筋を鍛える

お尻の筋肉は、体の中で一番大きい筋肉です。だから、お尻の筋肉が強いと、まず、まっすぐ立つことができます。これって大切ですよね。前かがみになってくるのが、老化現象の表れです。

また、お尻の筋肉は衝撃を吸収するので、膝や腰への負担を軽減できます。だから、100才までも歩けるのですね。

お尻の大きい筋肉「大殿筋」を鍛えるウォーキング体操です。

①足幅をこぶし1個分開き、おしりを突き出す。

②おしりを後ろに引きながら、手をお尻にあて、カカトを床にあてながら足踏みをする。

やってみると、確かに「大殿筋」にくるのがわかります。

胸を張って、お尻を引く姿勢がポイント。実際に歩いた方が効果的です。この時、まるでアヒルが歩いているようなので、「アヒルウォーク」なのです。

お尻が下になると、腿にきいてしまうので、膝はちょっと伸ばした感じにします。

スポンサーリンク

こんな姿勢ですね。

アヒルウォークの進化したのが、ダチョウウオークで、足を前にどんどん出して、素早く前に歩いていきます。お尻を引いて、胸を張って、を忘れずに。スタジオでは、「キツーーイッ」とすぐに脱落者が。無理をせずに、アヒルウォークから始めましょう。

カニウォークで中殿筋を鍛える

この筋肉は、バランス力に関係しています。ここが弱まると、足を振った時に歩幅が狭くなり、年齢を重ねた時につまずいたり、歩くのが遅くなったりします。

①おしりを突き出し、アヒルの姿勢を作る。

②右に足を開き、それに合わせて1歩移動する。その後お尻を引く。

左に足を開き、同様にする。

足を開く時に、中殿筋を使っています。

1日15回、3セット行うのが、効果的です。

フラミンゴウォークで腸骨筋を鍛える

歩くために一番大切なのが、この腸骨筋です。

この筋肉は、骨盤を前にきちんと立たせる筋肉です。この筋肉が弱くなっると、お尻の筋肉が弱くなります。

①片方の足に重心を置き、もう片方の足を90度に上げる。

②上げた足を、膝を曲げたまま、水平より少し上に振る。

③ゆっくち5回繰り返す。

④ぐらつく方が弱いので、そちらを繰り返す。

先生が片足を上げた姿勢は、微動だにしない安定感で、さすがと信頼できるものでした。

まとめ

アヒルウォークはちょっとカッコ悪いので、スポーツクラブよりも、家の中で気づいた時にやるのに向いていますね。カニウオーク、フラミンゴウォークは会社のトイレでもできるもの。

いつまでも歩くためにはスクワット、というのが常識でしたが、お尻体操には、ヒップアップという美容効果もあります。だから、人気が出るのだと思います。また、腰痛予防になるのもいいですね。

まずは、始めて続けることですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。