浴衣の大人のお出かけ 素材選びと着方の工夫、帯の結び方で街着に

花火大会やお祭りでは、華やかな浴衣を着た若い女性が目立ちますが、大人になって浴衣を買うなら、ちょっと素材にこだわったものを選びたい。そうすると、価格もそれなりになるので、夏のイベント以外でのお出かけ着としても、着たいですよね。そこで、大人の女性にふさわしい色や素材、また帯結びを紹介します。

スポンサーリンク

浴衣の大人のお出かけ おすすめの素材

最も浴衣らしい素材は、綿コーマという手ぬぐいのような平織りの生地になりますが、色がベタッと乗りやすいので、ごくカジュアルな印象になります。大人が選ぶ浴衣は、華やかな色使いではなく、綿にプラスアルファーが加わり、ニュアンスのある生地をおすすめします。

大人浴衣の素材 綿紅梅

大人の浴衣 綿紅梅

細い木綿糸の間に、太い木綿糸が格子のように織り込まれています。生地にワッフル状の凹凸があり、肌に張り付かないので、通気性が良いので、着心地がいい。また、透け感があるので見た目も涼し気です。

大人浴衣の素材 綿絽

大人の浴衣 綿絽

木綿糸を等間隔の隙間(絽目)ができるように織ってあり、透け感があります。絽目が横に並んだ「横絽」が一般的ですが、縦の「縦絽」もあります。素材感が上質なので、上品で落ち着いた雰囲気になりますし、絽目から風が通って涼しいです。

大人浴衣の素材 綿麻

大人の浴衣 綿麻

綿と麻の混紡生地。麻の風通しのよさとシャリ感があり、おしゃれ感があがります。上の2つのような透け感がないので、少しカジュアルになりますが、透けにくいというメリットがあります。

大人浴衣の素材 綿絞り

大人の浴衣 綿絞り 街着向き

布を一つ一つつまんで縛る。これで模様を作る。なんという気の遠くなるような手間のかかる技法なんでしょう。絞りの柄はいろいろありますが、なんであれ、奥行のある風情が醸し出されます。

大人の浴衣 綿絞り イベント向き

上記のような大きな花柄は、やはり花火などのイベントに、着た方が向いており、大人が街中で着るなら、避けたほうがいいでしょう。枚数を持てるなら、どちらも欲しいですが。

浴衣の大人のお出かけ 着方の工夫

浴衣はもともとは湯上りに着たもの。そのため、大人が街中で着るとなると、そのままでは、「これでいいのかな?」と思ってなんだか落ち着かないですよね。でも、大人浴衣は、素材をワンランク上のものにしていますから、着方を工夫することで、夜のおでかけや、観劇などにも、十分ふさわしいものになります。

大人浴衣の着方 衿を付ける

浴衣の素材でオススメの綿紅梅や綿絽は透け感のあるものですから、下着に気をつけなければいけません。それなら、着物の下に着る長襦袢を着た方がいい。麻や絽の長襦袢なら涼しいですから。そうすると、着物のような衿がつくので、浴衣とは全く違ったものになります。

長襦袢でなくても、衿だけで売っているものもありますから、それでもいいです。

スポンサーリンク

また、素足ではなく、足袋を履けば、さらに格が上がります。ただし、履物は、草履ではドレスアップしすぎですから、下駄にしましょう。

浴衣の大人のお出かけ 帯の結び方

大人っぽく着るためには、半幅帯の結び方にもあります。リボン型に結ぶのはやはり幼いし、リボンがひっかかってくずれやすいものです。大人の女性だから似合う、粋で簡単な帯の結び方は、ペタンコ系です。最近の化繊の華やかな色の半幅帯は、4メートル以上の長いものが多いですが、これらは3メートル台で結べるものばかりです。ですから、昔から家にあるものでも結べます。

大人浴衣の帯結び 貝の口

男性の着物姿では、貝の口に結んでいるのがほとんどですよね。簡単で、すっきりとしたペタンコ系の基本となる結び方です。

帯締めはなくてで大丈夫ですが、帯締めをすると、キチンと感が出ます。

大人浴衣の帯結び 矢の字

貝の口に似ていますが、タレがあるため、おしりがカバーできるのと、柔らかさが出ます。帯締めをしたほうが安定感があるし、大人感があがります。

大人浴衣の帯結び 吉弥結び

アンシメトリーな形で、粋でこなれた着姿になります。大き目に結ぶことができるので、大柄の方には特におすすめです。

大人浴衣の帯結び かるた

「結ぶ」ということなく、折り紙のようにして形作っていくので、とても簡単です。リボンのペタンコ版という感じで、粋というより、愛らしさを残したすっきり感ががあります。

帯締めはなくてで大丈夫ですが、帯締めをすると安定感が出ます。

大人浴衣の帯結び 夏帯でお太鼓に

ディナータイムのレストランや、歌舞伎座に行くとなれば、着物で使う夏用の絽の名古屋帯でお太鼓に結ぶと、かなりキチンと感が増します。

浴衣の大人のお出かけ まとめ

便利な洋服に押され、すっかりすたれてしまった和装ですが、日常着としてではなく、楽しむものとして、ここのところ人気が上がってきています。

5月になれば、デパートの浴衣特集は始まるし、入学式や卒業式でも、着物を着るお母さんが増えてきています。だから、いつか着る着物に備えて、浴衣と半幅帯で着付けを覚えることをオススメします。回数を重ねていく、これが一番大切なことです。着物もリサイクルやアンティークを利用すれば、買いやすくなっていますから、まずは、浴衣を大人っぽく着ることからスタートし、自由に着物を着られるようになってください。そうすれば、日本人女性だからこその楽しみが増えることは、間違いありません。

大人が浴衣を着る時は、食事をしたり、観劇など、街へのお出かけが多いですよね。そうすると、背もたれのある椅子に座ることになるので、ペタンコな帯結びにしておくと楽です。さらに、ペタンコ系は簡単に結べるし、すっきりと大人っぽく、粋な後ろ姿にもなります。
浴衣を大人っぽく着るには、浴衣の素材、色、柄もありますが、半幅帯の結び方も大切です。リボン型に結ぶのはやはり幼いし、華やかに盛っているのもガンバリすぎかなと。だから、肩の力を抜いた風情のペタンコ系の結び方がオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。