あさイチ(12/26)リップ化粧品の選び方。テスター・保存の注意

12月26日のあさイチは、「夢の“ウルツヤくちびる”を手に入れるコツを伝授します。」ということで、唇の乾燥対策、唇まわりのタルミ等解消の顔エクササイズ、続いて、リップ化粧品の選び方、注意点についても紹介します。

リップ化粧品の選び方

リップ化粧品として、ティントリップ・リップグロス・口紅の3種が紹介されます。

特徴

種類 口紅 リップグロス ティントリップ
色もち
唇への負担
雑菌 いろいろ

ティントリップは、唇の角層を染めるので、唇への負担があります。

また、リップグロスは、唇につけたスティックをそのまま容器に戻すため、雑菌がわきやすくなります。

ティントリップも、スティックでつけるタイプは同様になります

リップ化粧品と雑菌

私は、化粧品会社の研究所に勤務していたことがあるので、リップ化粧品と雑菌について、もう少し詳しく説明しますね。

雑菌は水分があると増殖しますが、なければ繁殖できません 。だから、ワックスのような油の固まりは、雑菌が増えず、長く使えるのです。

スティックタイプの口紅は、油分をロウで固めているようなものなので、水分を含みません。ですから、唇に直接塗っても、比較的、品質が悪化しません(雑菌がわきにくい)。

そうは言っても、より気持ちよく、安全に使うためには、口紅を塗る時に、唇をティッシュで押さえて、水分が口紅につかないようにするのが、おすすめです。

リップグロスの成分にも、水分は入っていないので、中身だけなら、雑菌は繁殖しません。

でも、スティックの先でつけるため、そこに唇の水分と雑菌が入り込みます。
そのわずかな水分の蓄積の中で、雑菌が増えるのです。

ですから、こちらも使う前の唇の状態をきれいにするのはもちろん、一つの商品を使い続けた方がいいです。

毎日数回使っていれば、容器の中のチップで増殖しかけたものを、取り出して使うことになるからです。また、1つの製品を、短期間で使い切ることにもなり、それもでいいです。

スティックで、グロスの中をかきまわすことは、雑菌を広げることになるので、絶対にやめましょうね。

しばらく使ってなかったグロスをを使う時は、変なニオイがないかを確認してください。使って違和感があったら、すぐに唇から 拭い取り、「もったいない」 などと言わずに、捨ててください。

リップ化粧品のテスター

化粧品売り場のテスターは、みんさん、どのように使いますか?

番組では、男性のアドバイザーが、「急いでる時、パパッと唇に直接つけることあるじゃないですかー」と言っていましたが ・・。

私は、新しい色を買う時に、手につけて、色を確認するために、使います。そしてこの色がいいなと思ったら、口紅の横の、未使用の部分に指をあて、ちょっとだけ取って、唇に乗せます。

スポンサーリンク

番組でも、直接つけるのは「大勢の人が使っていて雑菌が付いているので良くない」と言っていました。

デパートの化粧品売り場だと、サンプルの先を削り取って、さらに使用する量だけを新たに削りとってくれたします。この方が、気持ちいいですよね。

リップグロスは、菌の温床ですので、付属のスティックで、唇に直接つけるのは、絶対にやめましょう。

化粧品の保存年月は

化粧品メーカーの品質保証が付いているのは、製造から3年です。

番組では、「開封から3年」と言っていましたが、これは違います。

自分で買ったものなら、すぐに使うでしょうから、問題ないですが、プレゼントやお土産でもらって、掃除していたら出てきた、というようなものは要注意です 。

高温多湿の所だったりすると、3年以内でも変質しますから、使わない方がいいでしょう。

どうしても使いたい場合は、商品の成分表示などのあたりに、「商品ロット番号」があるので、メーカーに、電話やメールで問い合わせる方法もあります。

でも、何よりも中身の確認が大切で、変な臭いが出てないか、分離しないか、外観が綺麗か、など、確認してから使ってください 。

リップ化粧品の新たなサービス

「CMや雑誌で見たから使ってみたい」などで、化粧品をネットで購入することもありますね。

今は、化粧品メーカーのサービスで、スマホのアプリを使うと、自分の顔で化粧品を試すことができます。 横のバーの上げ下げでリップ化粧品の色の濃さが変えられます。楽しいですね。

でも、これは「ざっくりとしたイメージ」と思った方がいい、と私は思います。

スティックタイプの口紅の色の発色は、膜の厚さが影響します。最近は、膜が薄いタイプの口紅が多く、40代以上の顔色を引き立てるのには、合わないものもあります。

新しい口紅の色を選ぶときは、使いたいシチュエーションのメイクをして、テスターで試し、自分の唇の色をカバーできているか、ツヤ感はあるかなどを確認しててから買うのをお勧めします。

12月26日のあさイチは、冬の乾燥する唇を“ウルツヤ”をにするコツを伝授します。 唇の乾燥対策、唇まわりのタルミ等解消の顔エクササイズ、リップ化粧品の選び方に続き、最後の仕上げのメイク方法は、人気美容家の神崎恵さんからです。
冬の乾燥は、肌だけでなく、唇もカサカサにします。皮がむけ、色はくすみ、弾力も失われ、縦じわが増えて、疲れた感じになって、老けて見えてしまいます。口紅も、きれいに塗れなくなって、メイクが決まらなくなる。
12月26日のあさイチは、「夢の“ウルツヤくちびる”を手に入れるコツを伝授します。」 皮膚科医 小柳衣吏子先生(46歳)が登場。くちびるは年齢と共み乾燥しやすくなるのですが、小柳先生のぽってりとしたくちびるは、しっとりプルプルです。
12月26日のあさイチは、冬の乾燥によるくちびる対策に加え、くちびるまわりの老化、ほうれい線やマリオネットライン、顎下のタルミ等の解消について、顔エクササイズの方法を紹介します。 番組には、フェイストレーナーの木村祐介さんと、歯科医の宝田恭子さんが登場。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。