月組東京「BADDY」月城ポッキー、タマキチの寿司折、チャピの脚

「BADDY」は宝塚での映像や、賛否両論のある評価で、東上して自分の目で確かめるのを待っていました。上田久美子先生の作品ですからね。

スポンサーリンク

基本は、ひらひらした衣装のあるレヴューが好きなんですけど、「BADDY」は全く別物で、驚きと共に、とても楽しめました。初見では、ストーリーの全部を理解するのは無理なところがありましたが、タマキチの男らしさとチャピの力強さのあるかわいさ、みやちゃんの妖しさ、それに、ふりふり衣装を着た王家の皆様もいる上、観たことないものがたくさんありで、とにかくワクワクの連続でした。

月組東京「BADDY」月城かなとポッキーの変化

初回で観た時は、月城君の「ポッキー」というのが、かっこよさを水色メガネであえてこわして、ちょっともったいないなと思っていました。美形として刷り込まれているのでね。また、こういう役を、もっとおかしくできるスターもいる。それに比べると、なんだか中途半端のような気がしました。

でも、2回目観劇から、なんだかおかしさがまし、3回目では、ワクワクして探すようになりました。れいこさん(月城)のノーブルな美しさから考えると、「2度とこんな姿は見られないのではないか?」と思い、舞台写真を探しに行きました。赤い海老の被り物か、水色のワンピースのか、パスポートをコートの中に入れて売っているところが欲しい!!

ありちゃんは、かわいさが赤い被りものにマッチして自然なせいか、舞台写真がありましたが、月城君のは、ありませんでした、今後の2枚目路線のためでしょうか?だからこそ欲しいのに!!

ということで、本当に久しぶりに舞台写真集「Le CINQ(ル・サンク)」を買いました。小さな写真でも、月城ポッキーの笑っちゃう、そしてかわいい姿を見つけたので。

左からオマール、オイスター、ロブスター

これ、おとり捜査で、レストランで魚貝類になっている設定だった。映像で見ている時は、何だろうと思っていました。ここまでに、この世界感に入ってないと、「なんだこりゃ?」となってしまうところですね、きっと。

この手にはさみをつけて踊っているの、おかしくて、どんくさくて、いとしいです。上田先生は、初めから、こんなイメージがあったのかな?

コートの中にズラッと偽造パスポートが入っていて、宇宙人に得意げに100万円で売っているところの写真が欲しかった。けど、これで少し写っていますね♡ホント、はまってますね。

初見では、みやちゃんのスィートハートの美しさ、色っぽさに目が奪われ、ポッキーは「ヘンなカッコ」として、目の端っこに入っていた程度ですが、2回目からは、なんだかおかしくて目を奪われて。このボンボンは何なんだ!どんなデザイン画だったのだろう?

スポンサーリンク

パレードでの衣装の柄も、かわいくて笑えますよね。華やかなみやちゃんと、頭に地球儀のせているスーさんに挟まれて、かなり控えめではありますが、ポッキーのおかしさ、愛嬌に似合った柄です。

月組東京「BADDY」タマキチの寿司折のおみやげ

バッディは、海老のおとり事件の時に、ポッキーを人質として連れ去るのですが、その後、一緒に飲みに行って、二人で酔っぱらって帰ってくる、寿司折、持って。

タマキチは、派手な衣装だけど、昭和感満載のおやじ風。こんなおじさん、今はいないよね。でも、これが「クスッ」と笑えて馴染んでいるのが、タマキチだからこそで、好きなところです。

フィナーレでは、こんなにモテモテで、カッコよく決めていますが。今回、男役大階段踊りに、この色っぽいバッディーズ6人がいることで、男役がより色っぽく見えたように思えました。

月組東京「BADDY」チャピの脚、何度見てもすばらしい

グッディチームで一番好きな場面が、この「グディの怒り」と、ここからつながる「怒りのラインダンス」です。チャピのステップというか、脚の動きが力強く、そこから湧き出るエネルギーがすごい!!

宙組の「ソーラン宙組」を観た時の興奮というか、からだの底からわーっとしたものが湧き上がってくる感じと同じものを感じました。娘役だけのシーンなのにね。みんな頑張ってて素敵です。

衣装も色っぽい。首も腕も隠しているので、脚が目立つ。キリッと引き締まった表情に、体から発散されるオーラが素晴らしい。

月組東京「BADDY」まとめ

月城ポッキー、3回観て、見慣れて違和感がなくなったのか、れいこさんののりがよくなっているのか、おかしな格好の時が大好きになりました。友達と今心配しているのが、次の「ラスパ」観た時に、「海老の被り物」姿がチラついて、「プププッ」とならないか?ということです。

チャピはエリザベートで退団なので、この魅力をもう2度と見る事ができないというのは、本当に残念です。チャピのバウは当たるわけないし。

「カンパニー」も「BADDY」も、タマキチのドンとした存在感があってこそのもの。

最後にライブビューイングを見たいような見たくないような。トシやわかばちゃんの最後は見たいけれども、こんなに、目がいくつあっても足りないショーだと、アングルにストレスたまるだろうから。悩む。

ぶかぶかの宇宙服を破って出てきたバッディのタマキチは、サングラスもくわえタバコも似合う!「ハッハッハッ」という高笑いも、声に奥行があり、いい!!がっしりと男らしいので、ハツラツとした健康的な悪党という感じ。悪党チームのダンスにしびれます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。