この差ってなんですか?眼年齢を知る簡単チェック方法にドキリッ!

この差ってなんですか?(12月4日)では、眼・肺・脳の、家庭でできる簡単セルフチェック方法を紹介します。特に眼はTVの画像をを見ながらやるので、緊張します。

さらに、カラダ年齢が老けていた場合の対策と、老けないようにする予防策方法も教えてくれます。

スポンサーリンク

この差ってなんですか 眼のカラダ年齢とは

眼のカラダ年齢=眼年齢は、老眼ではなく、白内障のこと。白内障は、80代では100%の人がかかるものですが、早い人は40代から始まります。

白内障になると、隣り合った近い色がだんだん区別しづらくなってきます。

青と黒も近い色で、この差がわからなくなると、ガスコンロの炎 がついているのか、いないのかがわからなくなります。

ガスの火が見えにくくなるイメージ

これは、大変危険なことですね!

だからこそ、自分の目年齢を知って、早めに対応する必要があるのです。

眼年齢の簡単チェック方法は

両国眼科クリニック院長、岩崎美紀先生 が登場

黒のボードに、青色の文字が書かれています。

徐々に青の文字を黒に近づけていくので、どこまで見えるかで、年齢を判断します。

①32 型以上のTVでは3 m、 32 型未満は、2.5mテレビから離れる。

②片目を隠して、画面を見る(メガネ、コンタクトはしていてよい)

まずは、70歳向けの画像が写ります。私は50代ですが、これはわかりました。

その後10歳ずつマイナスしていくのですが、50代用のは、画面が真っ黒にしか見えず、TVに近づいて、やっとわかりました。思わず、TVにホコリがついているのかと、画面を拭きましたが。それぐらい、わかりにくいのです。

20代のテスト画像は、本当に近づかないと見えない。これが、眼年齢の差ということなのかと実感できました。

74歳の高橋英樹さんは、テスト前には、物がなんとなくかすみ、白内障の自覚あるということでしたが、50代までしっかり読めていました。

スポンサーリンク

眼年齢が老けていた時の対策は?

眼年齢が10歳以上老けている
早く白内障になる恐れがあるので、サングラスをして、紫外線から眼を守ることでカバーする。

眼年齢が20歳以上老けている
他の目の病気の可能性があるので眼科を受診する。

白内障から眼を守る食品と成分

ほうれん草は、「ルテイン」という成分があり、サングラスのように紫外線から目を守る働きをするので、白内障予防に効果が期待できます。

この差ってなんですか?(12月4日)を見逃した方は

このテストは、TVを見ないとわからないので、40代以上の人は、民放公式TVポータルサイト「TVer ティーバー」で見てください。黒と青の違いが、こんなにわかりにくいものだということに、驚きますから。

https://tver.jp/

この差ってなんですか?(12月4日)では、眼・肺・脳の、家庭でできる簡単セルフチェック方法を紹介します。脳のチェックは、TVを見ながらやるもので、緊張します。脳の年齢が老けているというのは、記憶する力が衰えていることです。
この差ってなんですか?(12月4日)では、眼・肺・脳の、家庭でできる簡単セルフチェック方法を紹介します。番組では、ラップを使った簡単な方法でゲストがチャレンジしますが、実年齢が関係ない結果がでていました。最後に、呼吸筋を鍛える体操を教えてくれます。
「この差って何ですか?」(火曜夜7時~)は、世の中の様々な差に着目して、なぜその差が生じているかを解き明かすバラエティ番組。MCは加藤浩次と...

【MC】
加藤浩次,川田裕美

【レギュラー】
土田晃之,上地雄輔

【パネラーゲスト(50音順)】
井上咲楽,高橋英樹
松嶋尚美,吉川美代子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。