あさイチ(12/19)白髪部分染めのコンパクトとカラー剤の選び方

白髪染めは、美容院でやった方が髪を傷めることがなく、おすすめですが、1ケ月に1回、2回となると、お金も時間もかかります。生え際やコメカミ等、目立つ部分だけは、自分で染めたい方は、多いはず。

白髪部分染めのコンパクト

ポーチに入れて持ち歩けて、部分的に白髪を隠せるのが、粉末タイプの白髪染め。アイカラーのように、チップで粉をとり、白髪が気になる部分に塗りつけます。これで、白髪は、目立たなくなり、気持ちよく過ごせるというわけです。番組では、ウェラトーン リタッチコンシーラーが紹介されていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】ウエラトーン リタッチコンシーラー ダークブラウン 2g 1個
価格:1446円(税込、送料無料) (2018/12/19時点)

楽天で購入

パフでつけるタイプのものもありますが、細かく丁寧につけられるチップのほうが、いいですね。

白髪部分染めのカラー剤の選び方

カラー剤を使って部分染めをするには、2剤を混ぜるクリームタイプを使います。自分で染める時は、泡タイプは簡単で商品も多いですが、これだと1回使い切りです。昔からあるクリームタイプが、必要な分量だけ使えるし、染めたい部分にしっかり塗布できるので、便利です。

部分染の色選び

次に、色選びをします。髪の根本近くの染まっている色にします。番組では、店舗に置いてある毛束を自分の髪に当てていましたが、そんなことのできる店舗はめったにないですよね。

スポンサーリンク

そこで、必ずできるのが、カラー剤の箱の裏にある、色の表を確認することです。

色の表は横軸と縦軸になっていますが、縦軸は「明るい、暗い」を表します。確認するのは、横軸の「赤みがある、ない」です。

自分の色に近い色を選んだら、髪が細くて染まりやすい人は、1ランク「赤味がある」に寄った色を選び、髪が太くて染まりにくい人は、「赤みを抑えた」に1ランク寄った色を選ぶのがおすすめです。

塗り方の注意

髪の毛が落ちてこないくらいまで、たっぷりと塗りつけます。その時に、つい毛先までクリームを伸ばしてしまいがちですが、そうすると、染めたい場所が、きれいに染まらなくなります。染めたいところだけに塗るようにしましょう。

自分で染める時に、髪を傷める原因は、メーカーの指示よりも、長い時間置いてしまうことです。そうすると、キューティクルが開きすぎて、パサパサした髪になってしまいます。手早く染めて、初めに塗布した時間から、k染め剤を置く時間を計りましょう。

毛染め直後にやってはいけないこと

毛染めしたあとは、髪がアルカリ性に傾き、キューティクルが開いた状態になっています。時間とともに(2、3日)、弱酸性に戻り、キューティクルがおちつきますので、それまでは、下記のことは避けます。

〇育毛剤
アルコールが入っている場合があり、退色してしまう

〇水泳
プールの塩素や、温泉や海の塩分を避ける

〇パーマ
キューティクルを開くので、中にはいった色素が抜ける

また、毛染めは髪を傷めるものなので、髪の扱いをていねいにすることが必要です。たとえば、冬の時期に暖房の風を使って乾かすことなどは、やめましょう。ドライヤーの風とは違うので、髪をさらに傷めるものになりますから。

髪をしっかり乾かして寝ることも大切です。半乾きは雑菌が繁殖し、抜け毛の原因や、髪を傷めることにもなります。

ちょっとした気づかいの積み重ねで、白髪染めをした髪を美しく保つことができます。

グレイヘアにしたいと思い、白髪染めをやめるだけだと、黒白のまだら髪になり、美容的に厳しいです。その間も、おしゃれに過ごす方法として、あさイチでは、ブリーチ+おしゃれ染めの方法を紹介します。登場した方は、明るい茶色の髪色で、とても素敵になっていました。
12月19日のあさイチは、「一挙に解決!髪の悩み」がテーマ。40代以上になると、髪の悩みで一番多いのは、白髪ではないでしょうか?チラホラ白髪が出てきた時は、簡単に抜いてしまいますが、そのうち「生えなくなったら困る」となり、毛染めを始めます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。