ヒルナンデス(1/15)「奇跡のアラフィフ美女」から何を学べるか?

ヒルナンデスは、平日11時55分~13時55分の、お昼の人気番組。1月15日の番組予告では、「あさこ&大久保冬の京都女子旅!鮮度抜群の海の幸&インスタ映えスイーツ京都の旬を食べまくり▼奇跡のアラフィフ美の秘訣大公開▼格安コーデ流行アイテム着や美せ&若返り術」と3つのテーマがあがっています。
この中で、チェックしたのが、「奇跡のアラフィフ美の秘訣大公開」で、「奇跡の50代美女」が大集合するとのこと。

スポンサーリンク
ヒルナンデス1月15日のアラフィフの美は、「50代の3人の女性に登場してもらい、だれが一番年上かをあてる」というものでした。26才の娘と一緒の写真が、姉妹のようであったり、ミセスコンテストのファイナリストであったり。みなわかわかしく綺麗です。

アラフィフの女優さんが魅力的

アラフィフは何才のことなのか?と調べると47~53才あたりのようです。

石田ゆり子

アラフィかわいいランキング1位の石田ゆり子さんは、1969年10月3日生まれ。今年で50才ですね。若い時は、妹の石田ひかりさんのほうが、華やかさがあり、目だっている感じがありましたが、今は、ほんわかした可愛さがなんとも得難いもので、魅力が増しています。

天海祐希

天海祐希さんも、1967年8月8日生まれのアラフィフです。宝塚の男役として、絶大な人気を得ながら、たった2年のトップスター期間で退団、28才ででした。その後、すぐ女優としてデビューしましたが、男役時代のような大きな人気を得ることはなく、宝塚時代を知る私としては、もう少し男役を続けてから、女優に変わってもよかったのに、もったいないことだと思ったものでした。でも、年齢を重ねた2004年の「離婚弁護士」からは、主演が続いているということで、本来持つ素材の美しさが、大人の魅力で開花したのですね。

アラフィフ女性が美しなれる時代

アラサー、アラフォーときて、アラフィフという言葉が定着し、女性が年齢を重ねることをこんなにポジティブの表現する時代がくるなんて、ちょっと前までは、考えられないことでした。女性はクリスマスまで、つまり、25才までに結婚するか、婚約者をつかまえなければ、売れ残りと言われていたわけでから。

それが、女性の社会進出が進んだことと、少子高齢化になったことで、世の中が変わりました。独身、既婚、母親と、様々な状況の女性が、30才過ぎても社会人として生きる。そのことで、お化粧や身だしなみに気を配ったり、自分の収入で自分磨きにお金をかけることができる。そんな風に多くの女性が、大人の女性としての美しさを維持できるようになったのですね。

スポンサーリンク

消費者としても、今やアラフィフは、20代の若者より、人口が多いですから。化粧品会社も、ファッション関係の会社も、この年代を無視してはなりたちません。男性がスキンケアをすることに違和感がなくなってくるように、時代は変わるのです。

アラフィフ美の秘訣とは

そうは言っても、肉体は衰えますから、アラフィフともなれば、個人差がでてきます。美容は、どこかで「まぁ、いいや」と思ってしまうと、後で取り返すのが大変です。体形も、もちろんです。また、白髪染めをコンスタントにするようになる人も増えます。

アラフォーの美というと、まるで、20代みたい、というのが、評価の基準になっているように思いますが、アラフィフとなれば、美を保つことの苦労もあるはずだし、老眼がきつくなって、遠視眼鏡をかけないと、買い物する時の値札が見えないということも起こります。

「アラフィフだからの美の作り方」についての秘訣もあれば、新鮮だなと思います。もちろん、美をキープしている方の情報は、すべて聞きたいですが。

ヒルナンデス1月15日のアラフィフの美は、「50代の3人の女性に登場してもらい、だれが一番年上かをあてる」というものでした。26才の娘と一緒の写真が、姉妹のようであったり、ミセスコンテストのファイナリストであったり。みなわかわかしく綺麗です。
12月16日の「がっちりマンデー」は、「せまい業界トップニュース2018」ということで、美容雑誌ヌーベルエステティックスパの編集長を訪問。「発売1ケ月で完売」「今までとは全く違う美顔器で効果もすごい」と紹介されたのが「黒いマスクの美顔器」です。
12月26日のあさイチは、冬の乾燥によるくちびる対策に加え、くちびるまわりの老化、ほうれい線やマリオネットライン、顎下のタルミ等の解消について、顔エクササイズの方法を紹介します。 番組には、フェイストレーナーの木村祐介さんと、歯科医の宝田恭子さんが登場。
12月19日のあさイチは、「一挙に解決!髪の悩み」がテーマ。40代以上になると、髪の悩みで一番多いのは、白髪ではないでしょうか?チラホラ白髪が出てきた時は、簡単に抜いてしまいますが、そのうち「生えなくなったら困る」となり、毛染めを始めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。