『この差ってなんですか』疲れた時にふくらはぎを揉むと命の危険が?

『この差ってなんですか?』(11月27日)の予告変で一番ドキッとしたのが、「疲れた時に、ふくらはぎを揉むと、命を落とす危険性がある 」ということでした。

スタジオでもそれには「エーーーッ!!」という反応が。だれだって経験のあることだろうし、それが命の危険まで伴うとは!!

スポンサーリンク

今の常識は、「ふくらはぎを揉むのは、命に危険も!」

新潟大学名誉教授で医学博士の岡田正彦先生から「昔は、足が疲れた時にふくらはぎを揉むと、血行が良くなって疲れが取れると言っていましたが、 今では、ふくらはぎを揉むのは大変危険なこと、場合によっては、、命を落とすこともある、とわかったんです」と言われると、 スタジオは騒然です。「今もやってる」とか、男女に関係なく、驚きの声があがります。

ふくらはぎが第二の心臓と言われているのは?

それは、心臓から足までおりてきた血液を、ふくらはぎの筋肉がポンプのような働きをして、心臓まで戻すからです。

だから、昔はふくらはぎを揉むことで、血行が促進され、ポンプ機能がよくなると考えられていたのです。それが、なぜ?

ふくらはぎを揉むと、危険な理由

ふくらはぎの血管には、心臓に繋がる太い血管(大静脈)がありますが、実はこの血管は、血栓(血のかたまり)ができやすいことがわかってきたのです。

血管に血栓ができた様子

なぜかというと、ふくらはぎの血管は、からだの血管の折り返し地点にあるため、他の血管と比べて、どうしても血流が悪くなり、その結果、血のかたまりである、血栓ができやすいのです。

普通は血栓ができても小さなものなので、心配しなくていいのです。でも、ふくらはぎを揉むことで、血栓が一気に剥がれてしまったら、非常に危険な状態になります。

「肺などの血管に詰まることがあり、そうすると、呼吸困難などを引き起こす可能性があります。」と先生。

特に「一日中座って仕事をしている人」「運動不足の人」さらに「肥満の人」は特に注意が必要ということでした。

肥満ってどれくらいの程度がわかりませんが、現代人なら、「長時間座っている・運動不足」というのに当てはまる人は、多いのではないでしょうか?ま

昔に比べたら、トイレも洋式で座ってるから運動にならないし、歩くことも少ない。さらにPCをじっと見ている時間も長い。途中でちょっと立つということが、できないんですよね。

スポンサーリンク

疲れてふくらはぎがだるい時に、揉まないためには

でも、どうしてもふくらはぎにだるさを感じると、つい手がいっちゃいます。そんな時には、

揉むのではなく、さするだけにして下さい。

「さするだけでも、結構回復します。」

「エッツ?ホント」と私も感じましたが、スタジオも「そんなのでいいの?」と、気が抜けたような反応です。

だるくなってくるとすぐに揉んでしまうので、「さすればいい」なんて、思いつきませんでした。

エコノミー症候群も、長時間座っていると、足の血流が悪くなり、血栓ができる、それが肺の静脈をつまらせるというものでした。

日常のふくらはぎに潜む疲れも、もとはと言えば同じことだったのですね。

『この差ってなんですか』ふくらはぎを揉むと危険のまとめ

人間は2本の足で歩くように作られています。それが、歩かなくなったり、座りっぱなしになったり・・・。スクワットをするのが、健康長寿には一番いいという説も聞きます。

ふくらはぎがだるくなる前に、立ち仕事の人も、座りっぱなしの人も、足首をぐるぐるまわしてみたり、途中でちょっと歩いたり、自然な運動をするのが、まずは大切なのだと思いました。それでも、だるかったら「さする!!」です。一度やってみて、良さを実感しないといけないですね!

この差ってなんですか?(11月27日)見逃した方は

見逃した方は、民放公式TVポータルサイト「TVer ティーバー」で見られます。是非、生の画像で観ると、図解もあって、心に残ります。そうして、ご自分の生活に取り入れていって健康に生かしてください。

https://tver.jp/

「この差ってなんですか?」2018年11月27日は、最新の健康常識を、専門医が大公開するというものです。歴史の年号だって変わってきているのだから、健康常識ならなおさらですよね。検査技術も上がっているし、遺伝子レベルの解析ができたりするんですから。
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。