浴槽関係のくすみや黒ずみに、重曹でのつけ置きとペーストパックで

浴槽は、洗剤でこすっていても、なんとなくくすんでくる。また、たらいの裏やシャンプー台の縁、流しの蓋の裏には、はっきりとした黒ずみが。気が付いてから洗剤でこすっても、労力の割にきれいにならない。そこで、簡単に落ちる方法であると聞く「ナチュラルクリーニング」をしてみました。

スポンサーリンク
物にはアルカリ性・中性・酸性という性質があります。アルカリ性と酸性を合わせると、中和反応がおこります。そうすると性質が変わるので、汚れがフワリと浮いてくるのです。界面活性剤(泡が出る一般の洗剤)を使わず、人にも地球にもやさしいので、「ナチュラルクリーニング」と呼ばれています。

浴槽関係のくすみや黒ずみに重曹が向く理由

ほとんどシャワーですませていて、たまに浴槽を使った時には、お風呂の洗剤で簡単にこすっているだけにしていたら、お湯が溜まっていたラインの上が、なんだかくすんできました。

他にも、お風呂周りのグッズには、黒い点々とした汚れができやすい。「湿気ているからしかたない」と思いがちですよね。

浴室の汚れは、いろいろなものがありますが、浴槽やお風呂の中のグッズのくすみや黒ずみの原因は、皮脂、アカや水道水のカルシウム分が混ざりあり付着したものが多いです。そして、これらは、酸性の性質を持ちます。

重曹は、弱アルカリ性の炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)という白い粉です。食品のベーキングパウダーの主成分でもあります。だから、環境にも、人体にも優しい物質です。


浴槽の酸性の汚れに対し、重曹のアルカリ性が中和反応を起こし、汚れを浮かします。だから重曹でお風呂のお掃除をするのが効果的なのです。これが、中和反応で汚れを落とすナチュラルクリーニングです。

ただし、汚れが水垢や石鹸カスの場合には、重曹はあまり効きません。なぜなら、これらはアルカリ性の汚れだからです。これらには、クエン酸など酸性のものを使うのが効果的です。

浴槽関係のくすみや黒ずみを取るのに、重曹につけ置き

お風呂の水栓のところのカバーの裏です。角のところが洗いにくく、黒ずみが残っています。

シャワー台もステンレスが縦横交差するところに黒ずみが溜まっています。

浴槽の黒ずみとこれらを一緒に、ナチュラルクリーニングしてみます。

お湯を浴槽一杯にし、カップ1杯(200mL)程の重曹を入れます。お風呂まわりのグッズを一緒に入れます。

重曹液につけ置き。

このまま、1昼夜つけ置きにしておきます。だから、とても簡単です。

着け置き後、取り出しました。

スポンサーリンク

その時も黒ずみ汚れはかなり落ちていましたが、歯ブラシの先を切って短くしたもので、残っていた黒ずみをこすりました。

すると、とても簡単に、気持ちよく、スルスルと黒ずみがとれました。

楽しい~~~。

きちんときれいにしようと思っても、なかなか汚れが取れなかった所で、ま、いいかとしていたのに!!

とってもきれいになりました!!

感激しました!!!

他のものも、こすると簡単に黒ずみが取れました。

イヤーこんなに簡単とは!

浴槽関係のくすみや黒ずみを取るのに、重曹ペーストでパック

でも、浴槽はもっとガンコな汚れだったのか、重曹の濃度が薄かったのか、そんなにきれいになってなかったし、こすっても取れない。水アカかと思いクエン酸を使いましたが、そう変わらない。そこで、重曹ペーストを使ってみることにしました。

重曹ペーストは、水と重曹を1:3の割合で混ぜて作ります。

重曹を汚れに塗り付けた後、ペーストの上にラップをかぶせます。

このまま、小1時間ほど置きました。そしてラップをはがすと、明らかにきれいになっているところもあり、そうでないところも浴槽用のブラシでこすると、簡単にきれいになっていきます。お風呂用の洗剤と違ってナチュラルなものだから、なんだか、気持ちよく作業ができる。シャワーで流すのも簡単です。

くすみが取れて、きれいに!!

「浴槽関係のくすみや黒ずみを取るのに重曹」のまとめ

重曹と「時間をうまく使う=ほおっておく」ということで、浴槽もその他つけおきしていた物の黒ずみもとれました。

力一杯ゴシゴシしなくてもきれいになることがよくわかりました。

つけ置きなら簡単だから、これからは、時々入浴後に重曹を入れてつけおき洗いをしたいと思います。

重曹を使っている時は、洗剤を使っているのと全く違う感じです。作業も、工作みたいで、おもしろいし。正しい知識のもとに活用すれば、こんなに自然にも人にもやさしいものはないと気づきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。