お風呂の掃除① 見えないカビの掃除をして、汚れにくい浴室に

お風呂は、一日の疲れをほぐし、ここち良い睡眠をもたらしてくれる大切な場所。でも、働く女性が増え、仕事や子育てに追われていると、いつもいつもきちんとした掃除をできるものではありません。

浴室は湿気が多く、家の中でも一番汚れやすい場所でもあるので、掃除を合理的に行い、いつも気持ち良い空間にしておきましょう。

お風呂の掃除の最大の敵、カビを知る

カビが発生するには温度・湿度・栄養と、さらに酸素が必要です。

カビが生える温度

カビは寒い時にも生えますが、20度を超えると勢いづき、28度で繁殖のピークになります。だから、夏場はカビが多くなりやすく、でも、冬にもカビの対策の手は抜けません。

カビが生える湿度

お風呂に入ったあとは、ちょっと窓を開けておいたり、換気扇を回したりしますが、うっかり密閉してしまうと、湿度は60%以上にもなります。この60%を超えるとカビが発生し始めます。そして、80%を越えると、猛烈な勢いで増えていき、浴室でよくみる黒カビが発生してきます。お風呂を使うたびに、黒カビが繁殖するチャンスになっているのです。

カビが生える栄養

カビにとって栄養となっているのは、人の身体からでるアカや髪の毛、ボディソープやシャンプーなどの残りカスです。さらに、カビはプラスチックまで栄養にすることができるのですから、かなり手ごわいです。

そして、カビは生き物ですから、人間と同じように、生きていくためには、酸素が必要なのです。そして、この条件がそろった状態で放置しておくと、カビが定着してしまいます。

お風呂の掃除 カビの元となる原因菌を絶つ!

お風呂掃除をする時には、まず、浴槽やタイル、排水溝に目がいきますよね。でも、見落としている場所があります。それは天井です。

天井は水滴が付きやすいのですが、目にみえてカビが生えていることでもなければ、そのまま放置されます。他に目に見える汚れがある場所がたくさんありますから。でも、これがワナなのです。

天井には栄養となる汚れが少ないため、黒カビに成長できない多くの原因菌が潜んでいます。つまり、目には見えなくてもカビの巣窟になっているのですね。これらは成長できない分、せめて子孫を残そうと種(胞子)をバラまきます!!

だから、天井を掃除しないでいると、カビの胞子がフワフワ浮いた空気を吸いながら、浴槽でくつろいでいるということになり、中には、気管支炎やぜんそくになってしまったりする人もいます。

さらに、カビは上から下に落ちてくるので、天井がきれいにならない限り、どんなに掃除してもカビが生えやすくなります。だから、お風呂掃除のカビを退治して掃除を楽にするには、まず最初に、天井の掃除をすることが必要なのです。

スポンサーリンク

お風呂の掃除 カビの原因菌を取る掃除術

天井をお掃除するときは、上からカビの原因菌が落ちてくるので、浴室の中にあるものは外に出しておきます。自分もマスクするなどの防備をします。そして、洗剤が薄まらないよう、天井が渇いた状態で行います。

準備するもの

洗剤:ハイター等の塩素系漂白剤

柄付きワイパー(クルックルウィパー等のフロアモップ)と、巻き付けるさらし布、ガーゼなど(なければキッチンペーパー)

洗面器

バスブーツ、必要なら(届かないなら)踏台

掃除方法

①「カビ取り」洗浄剤を洗面器で作る

一般的なご家庭なら、塩素系漂白剤5mL(小さじ1)に対し、水500mL(ペットボトル1本部)を入れ、100倍の水で薄めた漂白剤を作ります。

②さらし布などを柄付きワイパーに取り付けま、洗浄剤に浸します。

③こするのではなく、洗浄剤を天井にまんべんなく塗り広げる。

④ついでに壁にもぬり広げておく。

このまま放置しておけばカビ取りが終了です。塩素は自然に蒸発するので、換気しておけば洗い流しは必要ありません。気になる方は、15分後ぐらいにシャワーで洗い流してください。

カビ取り剤のような専用の洗剤を使わなくてもいいので、合理的です。天井をきれいにしておくことで、お風呂全体のカビも生えにくくなり、掃除が楽になります。まず、これが第一歩です。

浴槽や床のお掃除は、日々やっても、つい後回しになるのが、お風呂のドアの掃除ではないでしょうか?黒ずみはが目立つようになると、ちょっとこすってもとれない。黒カビなのか?水アカなのか?とにかくガンコであることはまちがいありません。
お風呂のカビ対策には、ハイター等の塩素系漂白剤が有効です。でも、独特な刺激臭があったり、あまり使いたくないという方には、粉末の酸素系漂白剤と重曹での掃除をおすすめします。ゴシゴシしなくても汚れが取れるとなると、黒ずみ対策の掃除も楽しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。