お風呂の掃除②ドアの黒ずみを、ハイター等の塩素系漂白剤で取る

浴槽や床のお掃除は、日々やっても、つい後回しになるのが、お風呂のドアの掃除ではないでしょうか?黒ずみはが目立つようになると、ちょっとこすってもとれません。黒カビなのか?水アカなのか?とにかくガンコであることにはまちがいありません。

スポンサーリンク

お風呂の掃除 ドアの黒ずみには塩素系漂白剤(ハイター等)

ドアの黒ずんだ汚れの原因は、カビだけでなく、せっけんカスや水道水のカルシウムが石化したものも含まれ、日常の掃除ではとれなくなっています。

そこで「カビキラー」が必要と思いがちですが、ハイター等の塩素系漂白剤を工夫して使うほうが、効果的です。なぜならな、カビキラーとハイターの主成分は、同じ次亜塩素酸ナトリウムだからです。

カビキラーには「次亜塩素酸ナトリウム0.5%配合」との表示がありますが、ハイターには表記がありません。なぜ、ハイターが濃度を表記していないのでしょうか?

それは、次亜塩素酸ナトリウムは、時間ともに分解が進むためです。特に温度が高いと分解が進みます。ただ、6~7%ぐらいになると、分解の速度が遅くなるとのこと。それで、ハイターは6%言われているのでしょう。

ハイターのほうが次亜塩素酸の濃度が10倍以上あるのですから、こちらを使って黒ずみ掃除をします。

お風呂の掃除 ドアの黒ずみには、しみこませて待つ

今回はガンコな汚れなので、天井のカビ原因菌の掃除とは違い、ハイターの原液を使います。そのため、下記を注意して行ってください。

①換気をしっかりしておこなう。

②しっかりしたゴム手袋を使う。

③マスクをし、敏感な方はメガネやゴーグルをかける。

さらに、浴室が乾燥した状態で行ってください。

掃除の進め方

準備物:

ハイター等の塩素系漂白剤

キッチンペーパー

サランラップ

小さめの容器

掃除の手順:

①キッチンペーパーを細長く丸めます。汚れの範囲に合わせて

貼り付けたい場所に合わせて、いくつか作ります。

②原液を小さな容器に少量入れ、キッチンペーパをひたし、軽く絞ります。1つずつひたして、使います。

③キッチンペーパーがちぎれないように注意しながら、パッキンの黒ずみにぴったりと貼り付けます。1枚終わったら、②を繰り返し、黒ずみ全体をおおいます。

④キッチンペーパーの上にサランラップをぴったりとかぶせて密閉し、乾燥しないようにします。

スポンサーリンク

⑤1時間程放置して、一度、様子をみましょう。(長時間に及ぶと、ゴムパッキンやドアのアルミ素材が痛む場合があるので)。汚れの取れている具合を見て、放置時間を調整してください。


今回は、1時間で、黒ずみがすっかり取れていました。

驚きました!!!

ゴシゴシこすってもきれいにならなかったものが、大した労力もかけず、待っているだけで取れたのですから!

⑥原液を使っているので、換気をしながら、ニオイがなくなるまで、しっかりシャワーで洗い流します。できれば、他の部屋の窓もあけて換気をしてください。

お風呂の掃除 ドアの黒ずみへの効果は、漂白剤(ハイター等)の鮮度で変わります

こんなに簡単だと、面白くなってくるレベルです。もちろん、もっとガンコな汚れもあるでしょうが、ゴシゴシしなくていいとわかっていれば、ちょっと気がついた時にマメにやれば、ひどくなることはないでしょう。

先ほども書きましたが、ハイター等の塩素系漂白剤の主成分、次亜塩素酸は時間とともに分解して効果が悪くなります。特に暑いと分解が進みますので、冬でも暖房の影響のない場所に保管しましょう。早めに使いきるために、お徳用の大きなサイズを買うのは、やめた方がいいですね。回転でいいお店で買うことも大切です。

今回、たまたまハイターが切れていたので、買ったばかりのものを使ったので、早く黒ずみが取れたのかもしれなせん。

洗剤は化学品ですから、その特徴をよく知れば、無駄なエネルギーを使わずに、楽しく掃除ができるようになりますね。

お風呂は、一日の疲れをほぐし、ここち良い睡眠をもたらしてくれる大切な場所。でも、働く女性が増え、いつもいつもきちんとした掃除をできるものではありません。掃除を合理的に行い、いつも気持ち良い空間にするために、カビの原因菌を絶つことをまず考えましょう。
お風呂のカビ対策には、ハイター等の塩素系漂白剤が有効です。でも、独特な刺激臭があったり、あまり使いたくないという方には、粉末の酸素系漂白剤と重曹での掃除をおすすめします。ゴシゴシしなくても汚れが取れるとなると、黒ずみ対策の掃除も楽しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。