ねほりんぱぽりん「ホストに貢ぐ女」10代、20代、30代が登場

「ブタの人形が出てきて、なんだかしゃべっている」という画像をTVで見たことがありました。おかしな番組だなと思ってスルーしていましたが、それが、NHKEテレの「ねほりんぱぽりん」でした。

2/20の「ねほりんぱぽりん」の「ホストに貢ぐ女」(前編)という番組予告が目にとまり、「NHKがホストって?」ということで、番組サイトを見たところ、深~い内容のトーク番組だとわかりました。前回のテーマは「戸籍のない人」ということでしたから・・・。

スポンサーリンク

ねほりんぱぽりんは、人形劇で赤裸々トーク

トーク内容は、聞いたこともないような人生の裏話であったり、赤裸々なものなので、顔出しNGのゲストはブタの人形になり、聞き手の山里亮太とYOUはモグラの人形になります。

これが、なんかシュールな感じを生み出していますが、人形劇にすることで、「そんなこと聞いちゃっていいの~?」「NHKで大丈夫なの~?」というのを、カモフラージュできています。あまりにも驚く内容もあるので、聞く方も、人形劇としてのフィルターを通した方が気楽というか。

ホストクラブって

私はホストクラブに行ったことはありませんが、ニューハーフのクラブには行ったことがあります。きれいない人は、ショーに出るし、ちょっと笑える系の人は、しゃべりがうまい。とにかく、楽しませることにたけていて、プロフェッショナルであることを感じさせる人ばかりでした。

バラエティ等でみかけるホストNo.1は、ビジュアルももちろん平均以上ですが、きっと、心をとらえることに、長けているのだらうなと思います。

また、ホストクラブのシャンパンタワーはTVで見た事ありますが、店全体で盛り上がり、贅沢で華やかで、スカッとするのでしょうね。でも、お小遣いの範囲にしておきたい。

スポンサーリンク

ホストにはまった10代、20代、30代

番組には、3人の女性達が登場します。NHKは、どうやってみつけたのでしょうか?そっちが知りたいです。

①3か月で200万円を使った10代

②風俗で稼いで総額1億円を貢ぐ20代

③夫に内緒で、貯金300万円を使った30代主婦

①は18才以上だろうから、女子高生ブランドでお小遣いを稼いでいるわけではないですよね?

②の1憶はすごすぎる。でも、自分で稼いでいるのなら、この3人の中で一番安全なところにいるように感じます。

この中で一番危険なのは③ですよね。自分の収入があれば、いいですけれど・・・。300万円も使われたと旦那が知ったら、夫婦間はどうなるのでしょうか・・・。妻の行動に気付かない、夫にも責任があるようにも思いますが。

番組内容

ホストに大金を貢ぐ3人が登場。

“姫”として扱われるうち、通う楽しみはホストに会うことから、最も金を使う客“エース”をめざすことに変わっていくという。

枕営業の実態から、売り上げナンバー1ホストが歌える“ラストソング”をめぐる女性客同士の争いまで、金と欲望が渦巻くホストクラブの魔力に迫る。

いやいや、恐いですね。女性客同士の虚栄心の戦いになるのですね。

2月27日の後編では、なぜ彼女たちが大金を貢のか?その心の闇に迫ります。

なぜ子どものための貯金を使ってまで?なぜ風俗で体を壊すほど働いてまで?金と引き換えの愛を求めるわけを赤裸々に語る。

こちらも、録画してくださいね。日々の不満が、彼女たちには極端に表れているということで、表に出せない人は、心の病になったりするのかもしれないですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。