フォーマルウェアが入らない。レンタルか呼吸法・むくみとり・補正下着

「そうか!これがあったか!」と気が付いたのが、フォーマルウェアのレンタル。特に、お葬式はいつ起こるかわからない。一番多いお悩みの「太って入らない、キツイ」とかいうことだけでなく、妊娠している時だってある。制服のない学校の子供がいる場合もある。

スポンサーリンク

フォーマルウェアの悩みに、レンタル

2月20日のあさイチは「いざという時に困らない!フォーマルウェアのお悩み解決します」というテーマ。「きつくなったフォーマルウェアを着るスゴ技があった!それも自宅で簡単にできる」ということで、どういうテクニックかなと思って見ていました。

つい最近も、身内の法事のために、甥が黒のスーツを買い替えていました。法事は予定がわかっているし、今後も仕事などでもいるからということでしたが、急なお葬式でもレンタルがあれば心配ないですね。

ネットで夕方4時までに注文すれば、翌日の午前中に届くというし、 サイズは3号から37号 まであり、マタニティ用や、授乳ができるものもある。また、お数珠やバッグなどの小物も揃います。遠方への葬儀の場合、ホテルに送ってしまえば手ぶらで行けます。

注意点は、サイズです。メーカーによってサイズ表記が違うので、実測値を計ってから選ぶのが、大切です。レンタル期間は、お届けしてから三泊四日です。

ただ、近しい人のお葬式だったりすると、「他の人のお葬式に着たものはイヤ」という、心理的な壁があるかもしれませんね。実用とどちらをとるかですね。

フォーマルウェアがキツイ時は

1キロ太ったら、4年前のフォーマルウェアの肩回り、ウェスト周りがきつくなった女性が登場します。「たった1キロ?」と思いましたが、年齢で体形が変わってきているのですよね。

専門家3人が登場し、姿勢矯正・むくみとり・補正下着について教えてくれます。

姿勢矯正呼吸法

パーソナルトレーナー菅原順二さんより、「腹筋と背筋の筋肉が弱くなり、上半身を支えにくくなって、猫背になっている」と。

5分で姿勢改善できる技

①呼吸の仕方で、姿勢を改善します。
◇肋骨に手を当てて、息を吸った時に、肋骨が開くのを意識します。

◇鼻から息を吸い口から吐く、というのを5秒ずつ行う。これを1分繰り返す。

◇吐くことに集中して、息を吐ききると、おなかの中の筋肉がたくさん働く

この呼吸法を続けていくと、それが日常化されて、体も活性化してきます。体のアンチエイジングになりますね。

②腕を前に出し、左右の親指を結んで、腕を頭の上まで上げる。

ただ腕を上にあげただけとは違い、二の腕から肩の付け根までが伸びたようで、気持ちいいです。これは、肩こりにもよさそう!確かに、肩のストレッチにもなるというのがわかります。

 肩周りがきつくなっていたのがすっきりし、背筋がまっすぐになり、 服のシワが減っていました。 ジャケットのボタンも、余裕で留められます。

スポンサーリンク

むくみとり

エステシシャンの岡くみ子さんが、全身を触ります。「結構むくんでますね。」と。

身体全体がむくむと、サイズがオーバーして、体重が変わっていなくても洋服がきつくなるとのこと。

むくみをとるリンパマッサージ

むくみは、リンパの流れが悪くなると、水分や老廃物が体内に溜まっておこります。

二の腕・肩のむくみとり

①脇の下のリンパ節をほぐします。 軽いタッチで、押してゆっくり戻します。力を入れすぎないのがポイントです。

②鎖骨の下のリンパ節をほぐします。手を鎖骨の下のに当て、円を描くように優しく押します。

③ほぐしたリンパ節に向かって、向くんでいる腕や脇周りを手でなでていきます。

おなか周りのむくみとり

足の付け根のリンパ節をほぐします。その後 ウエストから足の付け根に向かって、手で流していきます。肌にじかに触れて流すほうが、効果が高いと言われます。オイルを使ってもいい です。

スカートのチャックもスッとあがったし、 肩周りがすごく動きやすくなっていました。ただし、1回やっただけだと、どうしても半日ぐらいで戻ってしまいます。そこで、登場するのが、補正下着です。

補正下着

補正下着というと、「ガッチリ締め付けキツイ」というイメージがありますが、今は繊維の開発が進み、生地は薄くなり、着心地がよくて補正力が高いものが出てきています。

このガードルをつけることで、スカートがすんなり上がり、お腹はぺったんこになって、きれいに着られます。「びっくりするほどに苦しくない」ということでした。

さらに、バストアップ効果のあるブラジャーを使うと、 下がっていたバストトップが上がり、ジャケットとのバランスが良くなっています。

下着の力は侮れません。このモデルの方はホッソリしていましたが、補正下着をつけることで、美しい着こなしに変わっていました。

まとめ

むくみとりでマイナス2㎝、補正下着でマイナス3㎝ということで、ウエストがマイナス5㎝になります。また、姿勢矯正も若々しさにも欠かせませんね。この知識は、フォーマルウェアだけでなく、日常に、美しく洋服を着こなす知恵としても大切、と思いました。

そして、「キツイ」ではなく「入らない」となったら、レンタルがあります。家族に体形の変化がある場合や妊娠などの時に備えて、調べておくと、いざという時に困りませんね。

2月20日の「あさイチ」のテーマは、「いざという時に困らない!フォーマルウエアのお悩み解決します」。 先日親戚のお葬式に行ったら、昨年出産した従妹のスカートの丈が、なんだか短い。ウエストがきつくて入らず、上に巻き上げているんだろうなと。
あさイチの2月10日のテーマは、フォーマルウェアの悩みです。 最近の風潮として、卒業式にはダークな落ち着いた色、入学式は、明るい色というのがあるようですが・・・ これは、「売り手がフォーマルウェア売るための作戦でしかない」という意見も。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。