サイエンスZERO 音楽が脳にもたらす効果 失語症が劇的に回復!

TV覧を見ていて「音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的にわかってきた!」という見出しに、くぎ付けに。どういうことだろう、と思ってネットで調べると、以前から、失語症になっても、昔から知っている歌は歌えるという人がいるという。

スポンサーリンク

セイエンスZEROへの興味は

12月9日(23時~24時)のセイエンスZEROの「音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的にわかってきた!」というテーマに興味を持ったのは、身近に失語症の人がいる、というわけではありません。

ただ、自分がなぜかお三味線の音色にひきつけられものがあり、脳の奥にジーンとくるような感じを持っていたからです。だから、音楽と脳との関係を知りたいと。

その音楽が、「失語症」という深刻な状態を回復できるとなると、もう、これは見ない訳にはいきません。そこで、番組前に「音楽と脳」ということでネットで調べてみました。

音楽と脳の関係

言語脳は左脳の限られた部分にあり、そこが脳疾患や事故などで損なわれると、失語症になります。でも、音楽は、左脳も右脳も使って、言語よりも、もっと広い範囲で聞き取られています。

一般の人では、メロディの音の流れや和音は主として右脳で聞き取られます。右脳が音を全体的、同時的に聞き取るのに優れているからです。リズムは、左脳で聞き取られている、というとです。

音楽で失語症が回復

だから、左脳のダメージで失語症になっても、昔から馴染んでいるメロディーは歌えるんですね。

スポンサーリンク

脳は失われた機能を回復するように働くということだし、歌うことによる右脳の刺激が、左脳も刺激して、失語症が回復するのでしょうか?

番組では、実際に失語症になった方が回復する実例が示され、解説されます。

音楽を取り入れた運動で、認知機能アップ

さらに、「三重県で行われた大規模実験で、音楽を取り入れた有酸素運動が、65歳以上の人たちの認知機能を高め、認知症の予防につながる可能性があることもわかってきた。」とあります。

三重大学准教授の佐藤正之先生がゲストなので、この実験についても、くわしく教えてくれるでしょう。

番組を見る前のまとめ

社会人になってから、お三味線を習い始め、今も続けています。脳と音楽にどんな関係があるのか。この頃、物忘れがひどくなったとか、頭が固くなってきたとか思うことがあります。年を重ねていくと、何があるかわからない。その時のためにも、趣味である音楽が、何に役に立つのか知っておきたいと思います。

番組出演者

【ゲスト】三重大学准教授…佐藤正之,大阪大学教授…沼尾正行

【司会】小島瑠璃子,森田洋平,【語り】塩澤大輔

番組冒頭では、アメリカでの銃乱射事件で頭部を撃たれ、奇跡的に命をとりとめた下院議員のギフォーズさんの姿が映ります。痛ましいです。1ケ月後の姿では、何を見ても「スプーン」としか言えません。失語症になってしまったのです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。