星組東京『Kiler Rouge』感想 華やか➡コスプレ➡美しい➡大人➡愛

宝塚で一度観てるので、今回の東京が2回目です。華やかでスピーディーだけれども、音楽のリズムがすべて押せ押せすぎて、演者の頑張りはわかるけど、息がつけなくて、後半の印象が薄いというのが前回の印象でした。

スポンサーリンク

星組東京『Kiler Rouge』感想 華やかから謎のコスプレ

プロローグは、華やかな赤い衣装がキラキラしゴージャス。主題歌の「キラ、キララ、キラ、キラールージュ」はのりが良いし、娘役が、ミニワンピースにスパッツみたいな衣装で踊るのも、スカッとして、かっこいい。

でも、その後の赤ずきんちゃんからの場面からは、意味のわからないコスプレがゴチャゴチャしてるだけで、全体として、美しくない。礼くんの狼のコスプレとか、人気なのか?なんだか、内輪受けな感じで、プロローグの勢いが削がれます。

次に、ベニがさえないお父さんで銀橋渡りをするところ、宝塚ではキューピーの貸切で、ベニが髪を「キューピーにしてみましたー」と登場したので、それだけで受けて、楽しかった。でも、今回はただのモシャモシャ頭だったので、メリハリなかったなー。

その後の海ちゃん宝石泥棒のクダリも、こんなに緩いものなのかと。なんの策もなく盗んでるし。いくらショーだからといって、ここまでコスプレだけでいいのか?ストーリーとして構成が弱いから、どうして紅がスーパー刑事なのかさっぱりわからない。

星組東京『Kiler Rouge』感想 美しさに覚醒する

セオッチのポストマンの後は、紅薔薇宮殿の場面になります。ベニの王子様的なビジュアルを生かした白とピンクの衣装も美しいですが、漫画のベル薔薇の主題歌を歌うときのあーちゃんの衣裳がすばらしい!

ピンクの生地の上の白のレースが、かわいく繊細。オペラでじっくり見ました。

こいうのは、宝塚娘役だからこその夢ある美しさで、大好き。脳が覚醒します。

帽子をかぶっていた時も、素敵でしたが、銀橋に出るときは、外付けなのか、大きなスカートと帽子をとり、中に着ていたワンピースに、赤の混じった前髪にして、とてもかわいい。

齋藤先生が言うところの紅ゆずるの「クラシカルな魅力」のシーンのようで、ビジュアルは本当に素敵なのですが、音楽がここでも押せ押せのリズムで、クラシカルに、なりきれていない。本当に、紅さんをはじめ、美しくエレガントな衣装なので、もっとロマンチックにしてほしかったです。

スポンサーリンク

星組東京『Kiler Rouge』感想 大人な二人から、退団者への愛

次は、礼くんとはるこちゃんの、タンゴのシーンです。これは本当に素敵。青年が亡くした恋人を求めて館に迷い混むという設定のようですが、二人は、背格好もあってるし、踊れるので、見ごたえがあります。

赤やピンクの衣装が多い中、はるこちゃんの青いレースの衣裳が、際立ち、色っぽく美しい。大人のドラマを感じる、唯一のシーンです。

今回は、男役スターのポコちゃんが退団するので、結構たっぷり銀橋で歌うシーンがありました。

こういう退団者の愛あるシーンは、気持ち良いです。こ時のあーちゃんのちょっとくすんだ藍色の衣装もいいです。少女が何かに思いをはせる感じが出てます。

大階段では、赤系のゴージャスな衣装で、男役が揃いカッコいいです。宝塚では、ここに日本の歌謡曲が合わない感じがしましたが、今となれば、西城秀樹の歌でジーンときました。

素敵な衣装のデュエットダンスがあり、美しい声のエトワール(音咲いつき)の歌があり、華やかに幕を閉じました。

星組東京『Kiler Rouge』感想 まとめ

台湾公演に行くということで、衣装はとてきれいで、気合いが入っているのがわかりました。華やかで、スピーディー、勢いもありました。でも、前のめりの早いリズムのものばかり。これって、ベニにあっているのでしょうか?

楽しいキャラクターの紅ちゃんなので、元気なノリにするのもわかりますが、スピーディーなダンスを得意としている訳ではないし、もうちょっとドラマチックなシーンや、きちんと構成された物語性も入れて欲しかった。齋藤先生の熱い思いは、パンフレットからも伝わってきますが、コンセプトに縛られすぎず、緩急をつけて、紅ちゃんの魅力を引き出して欲しいです。

このショーは、台湾公演に行くということなので、開演を待つ気持ちがいつもとは違います。台湾公演に関するCSの番組を見て、紅さんのヤル気、エネルギーはビシバシ感じているので、いい作品であって欲しいと、祈るような気持ちがあります。
宝塚で観た時は、関西弁を自由に操っている紅さんが楽しそうだったし、寒いお笑いではなくて安心したものの、東京での二度目の観劇となると、舞台が練りあがって笑いが増す、という感じにはなりませんでした。笑いの合間の美しいシーンに、見応があります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。