星組『ANOTHER WORLD』感想 チョンパと冥途歌劇団に虞美人

落語ミュージカルってどんなもの?かなり微妙だな、と思っていたら、ポスターの衣装でびっくり!!大丈夫なのかと。紅さんのキャラを知っているヅカファンはいいけれども、これ、一般人が見たらどう思うんだろう・・・。

スポンサーリンク

そうは言っても、紅さん好きなので、博多座の帰りに観劇することにしました。

スカステのニュースで、組長の万里さんと紅さんとのトークがあり、「台本がおもしろい」とやたらと言っていたのと、関西弁での芝居ということなので、そこそこにはまとまるのかな?寒い笑いで引きまくる、ということはないかなと・・・。かなり心配しながらの観劇です。

星組『ANOTHER WORLD』感想 チョンパで華やかな幕開け

主人公が恋患いで亡くなって、という設定が、かなり脱力でしたが、幕開けはチョンパで始まる。ライトがパッとつくと、大きな舞台に「桜の若衆」と「桜の美女」達が勢ぞろいしていてとても華やか。歌舞伎好き、着物好きなので、和服姿でお扇子が揃って動くと、それだけで、かなりワクワクします。ヅカの和物にしかない華やかさです。大丈夫か?という疑いを持っての観劇だったので、その反動で、なんだかパーと解放されて楽しくなりました。単純ですね。

博多座を2日続きで観た後なので、組子全員が揃い、舞台も大きな本公演はやはり華やかさが違うなと。当たり前のことですが。

(ネタバレあり)

物語は、まず、ベニ康次郎のお葬式からです。本舞台では、母親がしくしく泣いています。組長万里さんの母親は、和髪と黒い喪服がよくお似合いで大変美しい。ベニ(紅ゆずる)は、セリの上に。初日を観た友人によると、ベニの康次郎の「わては死んだんか?」というセリフにも笑いが起きたとか。おかしな設定だし、ベニの関西弁のしゃべりには、笑いを引き起こす力があるのは確か。

冥途で暮らすことにしたベニ康次郎は、店の手伝いをしていたカイちゃん(七海ひろき)の喜六と出会います。その次に、江戸の大店の若主人、徳三郎(礼まこと)が率いる一団とも出会います。それぞれの冥途に来た理由がマヌケだったり、ありえないことなので、笑いが起こる。

また、三途の川の渡し場に「めいど・かふぇ」という、冥途とメイドをひっかけた茶屋があり、その設定でもクスリとした笑いが。その茶屋の娘初音(有沙瞳)が、髪を金髪にしていてヤンキー風。三途の川の渡し賃が、昔六文銭だったのが、物価が上がって六両になったとか。これもちょっと笑えるエピソード。こんなおふざけ的なノリで進みますが、皆、早口なセリフを、滑舌よくやりとりするので、間があいたり、もたつくことはなく、寒ーくなることはありません。

紅さんも、関西弁の早口だと、滑舌いいんですね。かいちゃんも関西弁、よどみなく話せているように思いました。カイちゃんは、ちょっとマヌケな役ですが、それも愛嬌があり、本人は楽しいのでは。紅さんとの並びはいいですし。

星組『ANOTHER WORLD』感想 冥途歌劇団やら美人座やら

でも、こんな小さなギャグのような笑いの繰り返しで、ゆる~くいくのかなと不安がよぎってくるころに、天寿みつきの船頭が出てきて、グッとしまる。最近のミッキー(天寿)のおじさん役がお気に入りなので。ミッキーの船頭は、康次郎の父に六十両の借金をしており、それを船代にして、ベニの康次郎は、礼くんの徳三郎一行もカイちゃんも、出演者一同連れて、みんな仲良しになって、三途の川を渡ります。

そうして着いたところが、冥途歓楽街という華やかなところ。このあたりからは、意外な展開が続き、あれあれという感じで忙しい。華形の貧乏神の「びんちゃん」も出てきて、賑やかさに哀れさが加わった御一行様になる。そしてびんちゃんが連れていったところが、なんと『冥途歌劇団』。谷先生、頑張ってるね。

スポンサーリンク

ここで、下手花道に副組長の美稀さんが登場。冥途のスターとして、燕尾服に、白黒の羽をつけて出てきて、スターっぽい振りをする。この時、心からの笑いが出ました。キメているけれどもおかしい。本当にうまい方ですね。こういう芸達者な方が、シーンごとに出てきて、場を締めるというのが、この後も続きます。冥途歌劇団では、宝塚らしくラインダンスがあって、客席にいる私たちも、いつものように手拍子をする。拍手をすることで、ま、いいかと楽しくなる。

そして、やっと康次郎の恋煩いの相手、あーちゃん(綺咲 愛里)お澄の登場です。美人座というところで、主演の代役として踊っていました。かわいいあーちゃんですが、今回の変わった衣装の中でも、この過剰な髪飾りはどうよ。再考したほうがいいかと。

で、この美人座を支配しているのが、あんるちゃん(夢妃杏瑠)の阿漕。ベニ康次郎は、このゴージャス衣装を着た強烈な阿漕に、自分とあーちゃんは夫婦だとたてつく。それに対して、あーちゃんの借金払え、とかましつける阿漕。あんるちゃんは、つやつやしたいい声なので、ビシバシかます言葉がスキッと決まって、心地よいのです。

星組『ANOTHER WORLD』感想 元虞美人のはるこちゃんがイイ!!

この後、康次郎が閻魔庁に呼び出されますが、一人では行かせられぬと、皆で出向きます。そこで、やっとせおっち(瀬尾ゆりあ)が登場。イケメン度があがりつつあるせおっちですが、初めどこにいるかわからなかった。ベニの康次郎と二人の場面があって、「あれが、まさか、せおっち?」と初めて気が付きました。だって、赤鬼なんですから。あの濃い顔に化粧をすれば、しっかり赤鬼になっていますがね。ベニとの場面もありいいのでしょうが、「あの赤鬼の人はだれ?素敵!!」とはならないでしょう。物語の設定上、しかたないのでしょうが、なんだかもったいないし、残念。

よかったのははるこちゃん(音波みのり)の艶治です。あーちゃんお澄を木にくくりつけ、閻魔様の妾になれと迫るのですが、あーちゃんがふわんとした声で「おばあさん」と呼びかけるのがおかしくて、笑いが起きます。はるこちゃんはきれいなのでね。あーちゃんの恋を、一時的なものとせせら笑う艶は、自分は昔、国を動かす恋をしたと。「もしや虞美人では!」と気づくお澄。虞美人としてのはるこちゃんは美しく、短い場面でしたが、この物語で、とても印象的な場面となりました。

星組『ANOTHER WORLD』感想 まとめ

汝取伶さんが閻魔様をやっていて重みが出るし、歌うまの娘役が歌ったりで、最後までだれることなく観ることができました。観劇前の不安は消え、そこそこ楽しめたのは、ストーリーそのものではなく、シーンごとに場を締める芸があったからだなと。もちろん、紅さんの喜劇の間のよさ、関西弁の魅力もあります。しかし、リピートしたいか?というと、しばらく観なくていいという感じです。

主要な登場人物に影が無さ過ぎて、ドラマとしての余韻がありません。と言って、めちゃくちゃ笑えるという程ではないし。みっちゃん主演の「こうもり」の監獄に行ってからのシーンは、何度観ても笑えました。衣装も微妙だし。そもそも落語という話芸を、リアルでやるのは難しいというか、相当な実力が必要だと思います。クスリと笑えるぐらいでは物足りないなと。

でも、喜劇が一番難しいというし、早口のセリフを丁々発止でやりあっていたし、これで、星組の力がアップしたのは確かでしょう。だから、次回は、明るくて華やかで美しい紅さんを観たいと思います。

追伸:本日、西城秀樹さんが亡くなられました。ショーの大階段のシーンで西城さんの歌が歌われており、「ヒデキ!」というのを心の中で言っていたのが、つい先日のこと。輝くスターでした。ご冥福をお祈りします。

このショーは、台湾公演に行くということなので、開演を待つ気持ちがいつもとは違います。台湾公演に関するCSの番組を見て、紅さんのヤル気、エネルギーはビシバシ感じているので、いい作品であって欲しいと、祈るような気持ちがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。