バレンタインに贈りたいハイカカオチョコレート 高級ブランドの味

嗜好品の中で人気急上昇なのが、ハイカカオチョコレート。スーパーでもコンビニでも、目立つ所においてあります。ダイエットにも利用できるとか、健康に良い、ということに加えて、甘さを抑えるからわかる、新たなおいしさがあります。

スポンサーリンク

バレンタインに贈りたいハイカカオチョコレートが 高級ブランド「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の板チョコ

ハイカカオチョコレートは、高級ブランドになると、グッと味が深まります。一般品でも、カカオ配合率が高くなると、同じ値段でも量が減りますが、これは、カカオの価格が砂糖等より高いからですね。

コーヒー豆が産地によって味わいが違うように、カカオも産地によって、風味に違いがあります。高級ハイカカオチョコレートでは、その違いをたっぷり味わうことができるのです。

「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」はフランスの老舗高級チョコブランドで、毎年、バレンタイン限定のシリーズを出してデパート等で催事を行うなど、人気のブランドとなっています。

バレンタインの時期には、少し隅に押しやられているようですが、カカオの種類にこだわった板チョコ(タブレット)のシリーズが有り、その中にハイカカオチョコレートがあるのです。

東京銀座 松屋デパート店頭にて

カカオ56~100%のダークチョコレート6品と、ミルクチョコレートが2品。75gの板チョコで、1,080円~1242円です。

ハイカカオチョコレートと言えるのは、下記の写真の真ん中のカカオ74%の青(クアナ)と、なんと100%=砂糖不使用の右端の赤紫(コロ)のものになります。左端の抹茶色(アコソンボ)は68%ですので、一応仲間入りとします。

カカオ配合量 左から68%・74%・100%

それぞれカカオの産地が違い、その特徴を生かして配合量を決めているのです。

バレンタインに贈りたいハイカカオチョコレート 味の違いは?

☆コロ(赤紫)☆
砂糖不使用 のカリブ諸島と中南米産のカカオ豆をブレンドした100%カカオのダークチョコレート。タンニンの収斂味、力強さ、豊かな味わいをお楽しみ頂けます。

スポンサーリンク

☆クアナ(青)☆
力強く、ピュアな味わいのフルボディでバランスの取れた味わいのダークチョコレート。
アフリカ、カリブ諸島、中南米産のカカオ豆の絶妙なブレンドから生まれる、力強い味わいが特徴です。

☆アコソンボ(抹茶色)☆
力強く、スパイシーな味わいの芳醇なガーナ産カカオのみを用いたダークチョコレート。焙煎したコーヒー豆のようなスパイシーな味わいは、アフリカの灼熱の太陽を彷彿とさせます。

というのがメーカーの説明です。

この中で100%カカオってどんな味なのと思われませんか?95%の明治の「チョコレート効果」はすでに食べており、甘いチョコレートとは別物で、わりとおいしいと思っていたのですが、100%となるとどうなるのか、一番興味を持って食べました。

なんと、これが口当たり良くおししいのです。後味にうまみと、ほんのりとした甘みが残るニュアンスの豊かな味なのです。「上質なカカオって甘味があるのね」と思いました。「チョコレート効果 95%」とは当然ながら価格が違いますので、味の奥行が違いました。砂糖を入れなくても、チョコレートって成立するんですね!ワインやウィスキーのおつまみにはぴったりですし、朝のコーヒーに合わせてもいい。砂糖が入っておらず、ポリフェノールたっぷりなのですから、毎日食べても安心です。

カカオに甘みというか天然のうまみがあるので、青の74%はキュンとした引き締まった苦みのあるおいしいビターチョコです。

抹茶の68%になると、普通に甘くておいしいチョコレートのように感じます。メーカー説明の「アフリカの灼熱の太陽を彷彿とさせます」はイメージできないので、もともと意味不明ですが、「焙煎したコーヒー豆のようなスパイシーな味わい」はあり、そこに口どけの良い、なめらかでやさしい味が加わる感じでしょうか。

バレンタインに贈りたいハイカカオチョコレート まとめ

私は、甘いものより塩味系が好きなタイプなので、チョコレートの魅力をハイカカコチョコレートで初めて知りました。きっかけは、糖質制限(炭水化物抜き)ダイエットを始め、読んだ本に、1日25g程を食べるのがおすすめとあったからです。

明治や森永の一般品のものを食べて意外に食べやすくておいしいと思い、海外の高級ブランドへと進みました。やはち、高級ブランドは、さらに違いました。ハイカカオチョコレートの1カケに、きちんとしたケーキを1個食べたような満足感があります。これは、もちろん、私が甘いもの好きでない、という嗜好性も関係しているのですが。

でも、甘い物よりもお酒を好む男性には、私と同じような嗜好性の人も多いはず。ハイカカコチョコレートのメリットや特徴を書いたカード等を添えて、是非、バレンタインに贈ってみてください。100%カカオの青紫のものは、職場の仲間などと一緒にに食べてみて、それぞれの感想を聞くのも楽しいかもしれませんね!!

http://www.lamaisonduchocolat.co.jp/ja_jp/jp-chocolate-bars

チョコレートの主原料のカカオの健康効果が注目され、毎日適量とったほうがいいと、言われるようになりました。カカオの効果を生かすためには、砂糖が多い従来の甘いタイプではなく、カカオ70%以上配合のチョコレートを食べるのが望ましいです。
女性と男性では甘いものが好きな人が多いのは、だんぜん女性です。だから、高級チョコレートを贈ったとしても、心からおいしかったと思ってもらえているかちょっと心配もありませんか?でも、ハイカカオチョコレートの登場で、状況は変わりました。
バレンタインデーも変化していますが、チョコレートも変わってきています。最近は、カカオの健康効果を生かすため、カカオの配合量を70%以上にし、甘みを抑えたハイカカオチョコレートの人気が急上昇。新しいおいしさと健康効果を備えたチョコをシニアの方へ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。