あさイチ「 ひざ痛予防&解消 」 最近わかった半月板のズレとは?

5/27のあさイチは「「痛くなくても要注意!ひざ痛予防&解消SP」です。

私は20才の頃に原因不明の左足の膝痛に悩まされ、その後、左足をかばうがゆえに、右腰痛になり、腰痛バンドが離せなくなり、生活にかなりの制限を受けました。

だから、ちょっとした足のトラブルが、どれ程生活から自由を奪い、さらには精神にも影響を及ぼすかを、身にしみて知っています。

スポンサーリンク

番組内容

痛くなくても要注意!ひざ痛予防&対策SP

▽最新研究で分かったひざ痛の引き金

▽予防にも痛軽減にも効果抜群!簡単エクササイズ

▽ひざに負担かける「無意識の癖」対策法

ひざ痛に悩みを経験していない方は、それは幸せなことです。でも、周りの方に悩んでいる人はいませんか?

私のひざ痛は原因がわからず、また、若かったのでお医者さんも本気で心配してくれず、「使い過ぎでちょっと炎症が起きているのでしょう」ということでした。でも、時間をおいてもよくならないのですから、精神的にジワジワきます。

番組では、ひざ痛を引き起こす原因が新たにわかったということです。これは、ぜひ、知っていたいことですね。

5/27のあさイチは「「痛くなくても要注意!ひざ痛予防&解消SP」です。 40代以降になっておこる膝痛は、軟骨がすり減ることでということで、これは、老化現象の始まりとして、仕方ない事のように思えますが、最近は新たな原因がわかりました。

ひざ痛の引き金に、半月板のズレが

スポーツ選手などの怪我で、「半月板損傷」というのを聞きますよね

半月板は、膝関節の間にあってクッションとなり、膝の円滑な運動を助ける働きをする軟骨組織です。これはスポーツで強く打つなどなくても、年齢とともに劣化して損傷すると、膝の痛みや、膝を動かせないなどの不具合につながります。

でも、損傷ではなく、「ずれ」によっても痛みが生じるというのです。ひざ痛の原因が、1つでも明らかになれば、解決する方法も考えられますよね。

番組予告より

中高年に多いひざ痛は、ひざの軟骨が削れ、炎症を起こしたり、時には軟骨の下にある骨にまで影響を与えることで生じるといいます。

そのひざ痛に関して、新たに発症のメカニズムが分かってきました。

スポンサーリンク

それが軟骨が削られる前に、その間に挟まっている『半月板』がズレはじめているということ。つまり、半月板のズレがひざ痛の引き金に!

ただし、この半月板のズレは、初期のころは自覚がなく、まだひざの痛みとして感じない場合が多くあるというのです。そして、放置したままだと突如、深刻なひざ痛になることも。

ひざ痛へのは対策は、太もも

せっかく原因がわかてってるのに、これは残念なことです。が、番組では、半月板のズレを防ぐなどして、本格的なひざ痛に悩まされないための対策を紹介してくれます。

痛みの予防には、やはり筋肉のようです。

半月板ズレ予防には、「太ももの筋肉」をほぐしたり、鍛えたりすること、だということす。さらに、この方法は、実はすでにひざ痛に悩んでいる人にも効果的ということ。

私は、ひざ痛から起こった腰痛に1年間悩んだ末、腰痛体操に真剣に取り組むことで、克服しました。今もひざ痛も腰痛も持病としてありますが、筋肉の大切さは痛感しており、定期的な運動を続けています。

また、日常生活の中でも、ひざに負担をかけてしまう行動があります。番組では、その改善方法も教えてくれます。

5/27のあさイチは「「痛くなくても要注意!ひざ痛予防&解消SP」です。 40代以降になっておこる膝痛は、軟骨がすり減ることでということで、これは、老化現象の始まりとして、仕方ない事のように思えますが、最近は新たな原因がわかりました。

書籍紹介

この番組があることを知り、調べていたら、下記の書籍がありました。

「半月板のズレを戻せばひざ痛は治る! つらかった痛みがみるみる解消」

中村昭治 (著)

https://www.amazon.co.jp/半月板のズレを戻せばひざ痛は治る-中村昭治/dp/4990948203

単行本(ソフトカバー) – 2011/11/22

著者は、自分の治療院で、多く人のひざ痛を治してきた経験のある方です。

番組の情報と合わせて、現在ひざ痛で悩んでおられる方は、一読されるのもいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。