ウィラー「ボーテ」はピンクの夜行バス 3列シートの快適体験

夜行バスの大手に、ウィラーバスがあります。こちらは、東京大阪間だけでなく、全国への幅広い路線を持っていますが、それらは、ウィラー独自の開発したバスとは限らず、地元のバス会社と提携したものの方が多くなります。ウィラー独自のおしゃれなバスは、やはり、東京から大阪方面が充実しています。2列シートのバスが3種類、3列シートが7種類もあります。どれも、高機能感とおしゃれ感のあるデザインです。

スポンサーリンク

ウィラー「ボーテ」夜行バス 3列シート(女性専用エリア)を「快適シートキャンペーン」で35%引き

ウィラーバスは、こだわりのバスなので、ちょっと値段も高いのですが、「快適シートキャンペーン」という企画があり、割安に利用することができます。バスの予約は3ケ月前からですので、予定が早く立つときにはチャンスです。私は平日だったので、3週間前ぐらいでしたが取れました。

「ボーテ」はストライプのシートが印象的。前方の黄色とグレーのシートは男性用。

その後ろからのピンクと水色、白のストライプのシート以降が女性専用エリア。こちらの席数が7割程でしょうか。

3列の高機能バスですから、その時期の通常価格は7500円程のところ、35%引きの4900円で予約することができ、ラッキー!!乗るのが楽しみに。

当日、ピンクのバスがきました。乗ると、とても素敵な車内です、手前の男性が乗る黄色のシートも、女性用のピンクのシートも本当に素敵。そして通路の床が木のフローロングなので、バスとは思えない高級感。

ピンクのストライプの席に座ると、ちゃんと、いろんな機能の説明シートがあります。これは、とてもありがたいです。せっかくの機能が使いこなせないともったいないですから。

ウィラー「ボーテ」夜行バス 快適なフットレストの機能

座り心地や枕、腰当が気持ちよいのは、当然ですが、気に入ったのがこのフットレストについているマッサージ機です。

初め見た時は「???」でしたが、説明シートを読み、さっそく使ってみました。ギュッと上に上がって、コロコロ回って、ひざの裏あたりをマッサージできるのです。快感です。さらに、フットレストがあったかくなるんですね。10分ぐらいで切れるんですが、これもまた気持ちよくて、何回も繰り返しました。そして、白い不思議な器具がついており、それは空気イオン清浄機。つけてみると、なんだか、空気が良くなって心地良いような。さらに、手鏡がついている。

女性には嬉しいですよね。サービスが本当に行き届いている。シートは140度倒せて、首がゴロゴロ横に動いたりしましません。

スポンサーリンク

3列シートと4列シートの違いは寝てしまえば関係ないのですが、トイレ休憩の時に、自由に出入りできるというのは、明らかに気が楽です。カーテンもしっかりあるし、プライベートな空間が確保されている実感が、ウィラーの3列シートバス「ボーテ」の優位性でしょう。

ウィラー「ボーテ」夜行バス 大阪到着後のラウンジ おしゃれだけれども、快適さは?

大阪での到着地は、梅田スカイビルディングの横です。

専用のラウンジがスカイビルの1階にあります。ガラス張りで、外からおしゃれな内装がよく見えます。夜行で着いたので、昼便に乗る人たちが待っています。ゆったりとした空間です。パウダールームがどこかを聞いたら、感じのいいスタッフが教えてくれました。そこは、VIPバスのラウンジとは違って、自由に入っていけます。ドアを開けると、女子たちが狭い空間に横並びで肩を寄せあって、立って共有の横に長い鏡に向かってメイクをしていました。これは、ダメだと思い、入りませんでした。

バスはすばらしかったですが、降りてからきちんと身づくろいをしたい女性ならば、VIPライナーのほうがいいでしょう。とりあえず、チャチャッとして出かければいいというのであれば、十分ですね。また、ウィラーのラウンジの椅子は丸く囲んでいて、VIPラウンジの横並びの椅子のように、横になって休むことはできません。外から丸見えだし、おしゃれで、恥ずかしいです。

私は、大阪には知人がいて、そこにおじゃまさせてもらうので、身づくろいは簡単でいいので、ウィラーのラウンジでもいいですが、京都に行く時は、着物に着替えて街並みを楽しみたいので、VIPラウンジのほうがいいなと思いました。

ウィラーバスもVIPライナーも利用者の不便を解消するための工夫をしていて、楽しみな会社です。

夜行バスVIPライナーの感動体験は、まだまだ続きます。それは、着いてからのVIPラウンジについてです。室内は、とても清潔感があります。携帯の充電は、コンセントで無料でもできます。椅子が広く平たいので、横になって気持ちよく休めます。
一番感動したのは、パウダールームです。ドアを開けた瞬間「ワーッ!」とテンションがあがりました。思いもよらない広さだし、明るくて素敵ななのです。1人ずつ座れるし、鏡の上にはライトがあり、気持ちよくメイクができるようになっています。
東京から夜行バスVIPライナーの女性専用車「チェリッシュ」に乗りました。ピンクのシートと席の間の白いカーテン、窓にはローズのカーテンで可愛い。毛布は首から足まである大型タイプ。腰当てと枕がついていて、座り心地がいい。消灯になると、一斉にシートを倒してくださいというアナウンスがあり、寝るための気配りに溢れています。
東京大阪間の移動には、仕事では新幹線を使っていましたが、最近、プライベートでは夜行バスを使うようになりました。快適さを追求している会社があるので、いろいろと試して比較しています。また、格安飛行機というのも、どんなものか一度試してみたいと思いっていました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。