金スマ(1/18)社交ダンス世界選手権 キンタロー。の最後は?

妹が大学時代に競技ダンス部に入っていて、華やかな社交ダンスが、かなり体育会系で、運動部のような筋トレがあったり、ハードなスポーツでもあることを知りました。学生のトップ選手には、プロに転向する人もいる。「体を鍛えた上で、美しい表現で戦う」ということに、何とも言えない魅力があるのでしょうね。

スポンサーリンク

番組出演者

司会 中居正広

パネラー
假屋崎省吾
室井佑月
IMARU

ゲスト
キンタロー。
30才を過ぎてからお笑いタレントに。
大学時代に競技ダンス部に所属。社交ダンスの全国大会で、4位入賞。
名古屋で、社交ダンス講師の経験あり

番組内容

1月18日の金スマは、「中居正広のキンスマスペシャル 社交ダンス 世界選手権!」という2時間のスペシャル版(20~22時)です。

金スマダンス部は、5,6年前に、キンタロー。とTBSの山本アナウンサーが、ペアを組んで社交ダンス大会に挑戦しよう、ということで始まりました。

その後、パートナーを替えながら、ロペス(岸英明)とペアを組み、2017年11月3日の放送では、マイアミで行われた『社交ダンス世界選手権』で、なんと7位に!!これは、日本歴代の1位という快挙です。

今回の放送が、キンタロー。の社交ダンスの最終回となります。

5年前に、TVの企画で始まった、キンタロー。とロペスペアの社交ダンスへの挑戦。それが全日本チャンピオンとなり、世界をめざす本気のチャレンジへと。そして、この試合は、キンタロー。が金スマの放送での、最終回の試合となります。

金スマ(1/18)社交ダンス世界選手権 まとめ

社交ダンスは、絵的にもきれいだし、がんばって成長する姿を応援するのも楽しい。試合というハラハラするものもある。

キンタロー。は、本業のお笑いや、家庭生活もあるし、年齢のこともあるでしょう。上位に行けば行くほど、その先を行くというのは、本気度がさらに上がらないと厳しい。

今回の番組が最後ということなので、試合の結果はどうあれ、「やりきった」という笑顔が、スタジオで見られたらいいなと思います。

5年前に、TVの企画で始まった、キンタロー。とロペスペアの社交ダンスへの挑戦。それが全日本チャンピオンとなり、世界をめざす本気のチャレンジへと。そして、この試合は、キンタロー。が金スマの放送での、最終回の試合となります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。