難波神社の裏でランチおしゃれなCAFE GARB(カフェガーブ)


難波神社は、心斎橋のおしゃれなブランド街にある癒しのスポットです。お隣にはフェラーリがあり、かっこいい車がみられます。そして、2本裏の道には、ランチにもディナーにもおすすめのお店があります。

ここでは、おしゃれで、料理もおいしいお店「CAFE GARB(カフェ ガーブ)」を紹介します。

スポンサーリンク

難波神社の裏 緑の多いおしゃれなお店

2本裏の道の角にあり、白いペンキで塗られた木の塀の外に緑が多く、また、上からも紫色の花のさいている木がのぞいていたりして、「どんなところだろう」と思えるおしゃれなお店です。

看板もおしゃれで、カフェであり、レストランでもある。昼の1時過ぎだったので、おいしそうなランチメニューが出ていました。

難波神社の裏「CAFE GARB」は大勢でもはいれます。

お店に入ると、細長い中2階に案内されました。ここからは1階が見渡せて、店の活気が伝わってきます。

黒のTシャツを着たスタッフさんもスラリとして、かっこいい。店内には、太陽の明るい光が入り、店の外の庭の木が見えて、難波神社でのリラックス感が、そのまま続きます。

店は4階まであり、大人数でも入れます。

席数300席 (1F 110席 / 2F 80席 / 3F 60席 / 4F 50席)

 難波神社の裏「CAFE GARB」ランチメニュー

こちらは、休日のランチです。平日は同じメニューが100~200円安くなります。

店の外のケースに、2つのメニューが出ており、イメージがつかめます。


店内でのメニューにもイラストがついていて、どれにするか迷いますが、店頭で見た印象が強いので、日替わりランチにしました。

スポンサーリンク

パンとライスおかわり自由になっています。飲み物は、別料金で150円です。ランチでちょっとワインでも飲むなら、オツマミになる前菜合盛合わせ(750円)や、生ハム(500円)もあります。デザートも250円で用意されています。(すべて税込価格)

 難波神社の裏「CAFE GARB」の日替わりランチ

出てきた時、お肉のボリュームにちょっと圧倒されました。「こんなに食べられない・・」。1000円(税込)ということを思うと、味が大丈夫なのかなと不安がよぎりました。

が、柔らかくおいしいお肉でした。付け合わせの野菜もおいしい。

そういえば、ナスのソースということを聞きましたが、お肉の横にのっているのが、そのソースで、ナスの風味でおしい。

さらに、ゴボウまでついているところが、こういう洋風なお店で、新鮮です。

ただ牛肉焼いただけでなく、料理として、オリジナリティがあります。カフェとはいっても、レストランでもあり、おしゃれなだけでなく、きちんとした料理が食べられ店なんだとわかりました。ライスもおいしかったです。デザートは食べませんでしたが、きっとおいしかったでしょうね。

「CAFE GARB(カフェガーブ)」について

大阪では、老舗の人気のカフェのようですね。一人でもゆっくりできるし、大勢でも行けます。くつろげるお店で、おいしいランチをできました。これなら、ディナーも間違いないですね。

営業時間

[月〜金曜】Lunch 11:30~15:00
cafe 11:30~0:00
Dinner17:00~0:00(L.O 22:30)

【土・日・祝日】
Lunch 11:30~16:30
cafe 11:30~0:00
Dinner17:00~0:00(L.O 23:00)

難波神社は、心斎橋のおしゃれなブランド街の近くにある癒しのスポットです。そして、2本裏の道には、ランチにもディナーにもおすすめのお店があります。 ここでは、こじんまりした安くておいしいフレンチ「KOKOCHI(ココチ)」を紹介します。
難波神社は、大阪心斎橋のおしゃれなブランド街にあり、お隣にはフェラーリがあります。都心の喧騒を忘れる、心地よいスポットが気に入り、近所でランチがしたいなと、裏に回ったところ、素敵なお店が並んでいました。今回はそのうちの和牛のお店を紹介します。
難波神社は、大阪心斎橋と本町のちょうど間ぐらいに位置する、歴史ある神社です。大きな鳥居をくぐって一歩を足を踏み入れると、天をあおぐ楠があり、狛犬さんが2組もあり、都心の喧騒とのあまりの違いに、「ワーッ」という感動と同時に、スーッと心が浄化されていきます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。