結婚式で着物 30代未婚友人なら、成人式の振袖やアンティーク着物を

結婚年齢が上がり、新婦が30代ということも増えてきています、そうすると、招待される友人も30代が多くなり、30代前半の独身ならば、結婚式に成人式の時に誂えた振袖を着ていくことへのハードルは低くなっています。

スポンサーリンク

結婚式で着物 30代未婚友人なら、成人式の振袖を大人っぽく着る

成人式10年以上たっているのが30代です。だから、全く同じように着ると、今のあなたにふさわしくなくなります。でも、大丈夫。着物は小物を変えたり着付け方でずいぶんと変わるのです。

振袖の小物で印象的なのが、帯揚げ(帯の上にくる柔らかい布)です。

成人式では、しっかりとした総絞りで華やかな色合いのものを用い、帯の中に入れ込まず、見えるように着付けます。覚えがありますよね!

30代で結婚式ということになれば、総絞りでも淡い色にしたり、表面がつるつるした綸子(りんず)というものにして、中央で結んで、帯の中に入れるようにします。普通の着物の着方と同じということです。

これだけで、かなり大人っぽくなります。

また、帯の真ん中にきて、ギュッと占めて帯の形を保つのが帯締めですが、成人式用で華やかな飾りがついたものなら使うのはやめて、一般的な組紐か、シンプルな丸ぐけにしましょう。

組紐の帯締め

布の中に綿の入った「丸ぐけ」

最後に、着物の衿の下に少しのぞかせる重ね衿(伊達衿)です。実際に振袖を羽織ってみて、成人式のもので違和感がなければそのままでもいいです。顔うつりがよければ、帯揚げのように、絶対に変えたほうがいいということはありません。また、しなくてもいいのです。

着物は、小物選びで大きく変わります。そこがおもしろいところでもあります。通販だと色合いが違うので、できるだけ店頭に行くことをおすすめします。荷物になっても着物と帯を持って行くと、お店の人もアドバイスしやすく、間違いないものが選べます。

また、帯は派手な変わり結びではなく、古典的なふくら雀などの古典的な結び方がおすすめです。成人式の時の振袖に二重太鼓では、ちょっと華やかさに欠けるように思いますので。

帯結び ふくら雀

元々が華やかな柄や色の場合、小物を変えただけでは、しっくりこない場合もあります。他の袋帯をお持ちであれば、合わせてみてください。

私は、30代半ばから、着物にめざめたので、26才の時に祖父が作ってくれた少しくすんだ朱系の色の訪問着用に、新たな袋帯をリサイクルで買いました。そして、2年程前まで、さらに別の帯に変えて着ていました。帯合わせで、雰囲気は大きく変わります。

結婚式で着物 30代未婚友人ならアンティーク着物を購入

そうは言っても、成人式の振袖では、やはり色や柄が派手すぎるように感じたり、今の自分と好みが合わないということもあるでしょう。そこで、おすすめするのが、アンティークの着物です。

アンティークの着物には、現代のものにはない色や柄があり、一見派手なようでも、上品なまとまりがあり、最近のインクジェットの鮮やかなプリントのものとは違います。(インクジェットはTシャツにプリントする印刷技術のこと)

また、昔は、おしゃれ着の着物の袖には、いろいろな長さがあり、長めの袖なら、結婚式にふさわしい華やかさが備わります。

スポンサーリンク

アンティーク着物の購入の場合は、155センチぐらいまでの方が選びやすいですが、160センチぐらいの方にも対応できるものもあります。

銀座 灯屋2 43,200円 身丈159.6cm

通販 イチロウヤ 8,365円 身丈156cm

イチロウヤ 振袖 59,400円 身丈169cm

https://www.akariya2.com/

http://japan.ichiroya.com/

着物の丈(身丈)は、身長と同じだけあれば十分で、着付け方で5~8センチぐらい短くても着られます。

アンティークの着物なら、現代の振袖とは違う華やかさあり、今までの自分とは違う自分に出会えるのも楽しみです。また、新品に比べて、買いやすい価格のものも多くあります。特に小さいサイズは、買いやすいです。

「日常的に着物を着る」という文化が、すっかり日本からすたれてしまい、これから成人式を迎えるという10代後半の方では、結婚式等のイベント以外に、着物姿の身内の方を見たことがない、という方が多くなっているのではないでしょうか?

結婚式で着物 30代未婚友人ならアンティークの着物をレンタル

また、レンタルもあります。本当のアンティーク着物を手入れをし、仕立て直しをするなどしたものを扱っています。

レンタルにも、アンティーク風のものを現代で作っている着物もあります。インクジェットプリントなので、アンティークならではの風合いがなく、派手目で大人な感じにはならないので、結婚式にはおすすめしません。

東京のアンティーク着物レンタル店

灯屋2 代々木店

「優雅な魅力溢れるアンティークの着物をメインに、格式をふまえた上質な着物をセレクトし幅広く取り揃えております。」

「既存のセット貸しではなく全てお好みに合わせてトータルコーディネートいたします。灯屋2では紹介しているものの他にも、150枚以上を取り揃えております。
お気に召して頂ける振袖が必ず見つかるはずです。お気軽にご来店下さい。下見もすべて予約制になっています。」

https://www.akariya2.com/rental/

日本橋浜町 衣装らくや 

「特別に誂えられた上質なアンティークきものをはじめ、格調高い白無垢、打掛などの婚礼衣裳や成人式の振袖、卒業式の袴、七五三・お宮参りの衣裳、男性のきもの、華やかな訪問着まで、お客様のご要望に応じた着物を取り揃えております。ぜひ、衣裳らくやのレンタル衣裳で、晴れの日にきものを纏う喜びを感じてください。」

衣装らくや 10万円 身丈161.5cm

https://rental.rakuya.co.jp/

結婚式で着物 まとめ

20代で浴衣を着て花火大会に行ったことがきっかけで、なんとなく着物への興味の種がまかれていませんか?30代になって結婚式に友人として招かれて着る着物は、大人としてのセンスが問われます。ただ派手にするというのではなく、品格も必要です。30代で振袖を着て「イタイ」と思われないことも大切です。

着物は、日本人だから楽しめるものです。30代は、着物ライフをスタートするのに、最高の時です。結婚式をきっかけに、もう一度振袖を着る事、アンティークの着物を合わせてみることで、着物を生活の一部に取り入れてみませんか?お店を選べば、洋服を買うような価格体で購入できますし、「着物を着る人」という認識を持たれると、周りから「着てくれない?」と譲ってくれることもあります。着物は奥が深く、ワクワクが止まらなくなります。1日も早く着物ライフをスタートされることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。