竹清は高松市内のおすすめのうどん屋さん 元祖セルフの店の味の特徴

美味しいうどんを食べるなら、香川県。その県庁所在地が高松市です。JR高松駅は、瀬戸内海に面しており、駅から出ると目の前に青い海が広がり、美しい。ここから10~20分程度で行ける市内の中心部に、セルフの美味しいうどん屋があります。それぞれが近くに有るので徒歩で食べ比べることもできます。

スポンサーリンク

竹清は高松市内のおすすめのうどん屋さん  元祖セルフの店

「竹清(ちくせい)」は、高松市内で一番最初にセルフ形式を始めたうどん屋さんだと言われています。また、半熟卵の天ぷらを初めて世に出したことでも有名な店でもあります。今は2代目の娘さん夫婦が継いでいます。

店員さんが1人入口のところにいて、人数調整しています。

県庁から歩いて徒歩5分ぐらいの、便利な場所にある小さな店です。土日は営業しており、月曜日が休みです。営業時間は11時~2時半なのですが、麺がなくなると閉店となるので、1時過ぎごろまでには行ったほうがいいです。

官庁街で 日曜日は 車の往来が少ないので、駐車場もありますが、店の前に車を停めている場合もあります。

2月の日曜日の1時頃。東京方面や関西からも。

ここの特徴は、セルフであることに加え、メニューがシンプルなこと。「◯◯うどん」という具ののったのはなく、うどんは 暖かくて薄い色のかけだしか、濃いぶっかけだしになります。うどんそのものの味わいを、すっきりとした塩味のだし汁で 味わい、そこに、揚げたての半熟卵と、ちくわが加わるのです。きつねうどんにする甘いお揚げ(100円) は、別途あります。

店内でうどんを打つご主人

揚げ物二つは、入り口に入って並んでいると、順番に注文を聞かれ、名前とともに希望を伝えます。注文したら、数を書いた紙を受け取り、うどんを注文するときに一緒に支払います。 それぞれ100円です。

うどんの価格

半玉 140円 /1玉 170円/1.5玉200円

2玉230円/3玉290円/4玉350円5玉410円

セルフうどんの作り方

お丼に入った うどんを受け取ったら、 後ろにある 湯だめの網にうどんを入れ 10秒ほど温めます。

そして、しっかり湯を切り 好みのだし汁をかけます。ネギ、生姜、わかめ、天かすのトッピングを好みでのせます。ぶっかけ用にはレモンもあります。

ワカメ、生姜、ネギ、揚げかす、レモンが自由にとれます。

スポンサーリンク

高松市内のおすすめのうどん屋さん「 竹清」の味の特徴

うどんは中ぐらいの太さで、芯にはしっかりとしたコシがあります。

だし汁はいりこのうま味が感じられ、とても美味しいです。 ちょっと時間が経っても、うどんの表面に味がしみてフワッとし、だけれどもコシは残っているので、これもまたおいしいのです。

うどんを食べているうちに 、名前を呼ばれ、注文した天ぷらを受け取ります。

「どうやって食べるのですか ?」と聞いたら「いや別に…」と言われ、 しばらくして「 塩や醤油をつけてみて 」と言われました 。 周りを見ていると何もつけていないようなので、そのまま揚げ卵を食べました 。うどんが塩味なので、卵を途中で食べると、ちょうどいい感じになります。

ちくわは厚みのある 一本を半分にして揚げており、こちらも塩味で弾力があり、魚のすり身の旨味を感じます。

早い時間だと揚げてある他の天ぷらもあるようですが 、やはり揚げたてだからこその美味しさが味わえる、この2品がおすすめです。

店舗の入口横にあり、油が外にでないように仕切られています。

毎日 この狭いスペースで で揚げるのは、 大変だろうと思います。 お肌が 油のせいなのか 、熱いからなのか、とてみツルツルしておられるようにも見えます。

シンプルなうどんと、 揚げたての 半熟卵とちくわで勝負している「竹清 」。行列が絶えないのがわかる、納得の 美味しさです。


http://chikuseiudon.com/shop/

次は、竹清 から 徒歩 3分程の人気店「さか枝」を紹介します。こちらは県庁の真裏にあり、日曜日定休ですが、なんと、朝5時からの営業しているので、朝うどんができるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。