「るろうに剣心」新橋演舞場感想 ちぎ素敵!宝塚とは違うおもしろさ

新橋演舞場「るろうに剣心」おみやげコーナー

宝塚退団後、ちぎちゃん(早霧せいな)が、「るろうに剣心」で再度男役をやる聞いた時は、本当に驚きました。が、嬉しくもあり、是非、観たいと思いました。そして、今日観劇。とてもおもしろかった!!本物の男性が出ることで、活劇としての迫力が出るし、子供の役を子役がやるので、生意気さがかわいい。なんといっても、ちぎちゃんの男役が自然であり、主役としての輝きはそのままなのがいい!!

「るろうに剣心」新橋演舞場 ちぎちゃんとかっこいい男達

ちぎちゃんは、男性の中にいても「緋村剣心」として存在し、違和感がないし、体格のいい人たちから恐れられていることで、剣心の強さがより明確になる。そこが、小池先生が、チギちゃんでやりたいと思ったところなのだな、というのが実感されました。それでいて、一幕はのほほーんとしたシーンもあり、ちぎちゃんのもつ愛嬌が、生かされていました。

宝塚の男役だと、劇画的なかっこよさが再現できるけれども、外部の男性だとどうなのかとも思っていたら、斎藤一の廣瀬友祐も、四乃森蒼紫の三浦涼介も背が高くてかっこいい!!歌も芝居もできている。この二人、次のロミオとジュリエットにも出るんですね。知らなかったら損するところだった!!先行販売に、すぐ登録しようと思ってます。

「るろうに剣心」新橋演舞場 神谷薫役は?

一番心配していたのは、薫役が一般の女優であるということ。宝塚の娘役は、現実の女性ではなく、作りこんだかわいらしさ、女らしさがあり、娘役がより娘役らしいと、男役が素敵に見える、というのが常識です。そして、この役は、娘役らしいかわいさに、演技力も備わったゆうみちゃん(咲妃みゆ)でしたから。

芸能界に疎いので、ちぎちゃん以外の主要メンバーについては何も知らず、薫役の上白石萌歌をパンフレットを観た時は、甘ったるい感じでちょっと不安でした。でも、それは杞憂でした。武道家の娘としての誇りやまじめさ、そして純粋さが出ていてよかったし、袴姿も、よそいき着物もドレスもよく似合っていました

ただ、歌は一番不安定(ヘタ)でした。でも、ネットで調べると、本人は歌が好きだということですね。鼻歌ということですかね?でも、役全体としては、まったく問題ないです。

「るろうに剣心」新橋演舞場 弥彦と左之助

宝塚と違って、弥彦が、本物の子役であることも、大きな魅力になっていました。小さな子供が、絣の着物に袴をはき、背中に竹刀を背負っている姿は、本当にキュートで芝居のアクセントになってます。また、武士の子供として誇りをもって生きる姿を、応援したくもなります。

左之助は、植原卓也胸の筋肉を出し、力持ち感出していました。こちらも背が高く顔が小さくかっこいい。明るいキャラ感も、しっかり出ていました。そして、弥彦といると、大きさがひきたち、楽しい2人になります。

「るろうに剣心」新橋演舞場 抜刀斎とお庭番たち

剣心が過去を思い出すところで、ちぎちゃんの後ろに青い着物で出てきたのが抜刀斎役の松岡広大。

チギちゃんと同じぐらいの身長だし、顔は髪で隠れてよく見えないので、はじめは女性か?と思いました。でも、殺陣がはじまると、男性だとわかりました。

スピード感がすごい!!カッコいい殺陣で、胸がスッとします。殺気があり、今の剣心との違いもはっきりする。

お庭番の人たちの動きも、キレキレでスカッとします。アクロバットの人たちなのかと思いますが、鍛え抜かれた身体の動きには、魅了されます。

スポンサーリンク

歌舞伎の新作でも、時々アクロバットの人が入っていますが、キリッと引き締まった場面になって好きです。

「るろうに剣心」新橋演舞場 悪役チーム 加納と観柳

先に観たヅカ仲間の友人から、ビジュアル的に不満があると聞いていたのが、宝塚バージョンで新たに加わった役である加納充役。宝塚では二番手が演じた、重要な役です。

幕開けに、新選組の一員のどうしようもない奴として出てきた時は、着物なので、特に何とも思いませんでしたが、洋装になって出てきた時には、確かに違和感がありました。

顔は、ちょっとハーフのようなのに、小柄。他の男性陣は、ヅカファンが観ても見劣りしない、すらりとかっこいい人ばがりなのにと。

でも、歌い出すと印象が変わりました。力強くて、「この人は何者なのか?」と。一幕終わった休憩時間に調べたら、人気ヴィジュアル系ロックバンド「SOPHIA」のボーカルだったと。私は全く知らないバンドですが、真ん中で歌っていた人のエネルギーを感じていたので、納得しました。

小柄なのも、ちぎちゃんと対面している時には、いいかなと。アヘンを使っているのは悪いけれども、最後は、今の政府が間違っているから倒したい、だから剣心を仲間に入れたいんだという、強い思いが感じられてよかったです。子粒だからこそ、体の中にもつマグマがすごいぞ、という感じでね。

観柳は、宝塚で観た時から衝撃的でした。「ガト、ガト、ガト、ガト」って、撃ちまくる。好きな場面でした。今回は、上山竜治。この人は、知花くららの旦那さんとのことですね。いやみな感じを出しつつ、でも、加納にはペコペコの情けないやつ。真ん中分けの髪型で、最後まで、おかしくやっていました。

「るろうに剣心」新橋演舞場 まとめ

「宝塚で演じた男役を、外部でやる」という思い切った提案をした小池先生、それを受けたちぎちゃん、この二人に大きな拍手を送りたいです。和物ということもあったとは思いますが、男優、女優、子役が加わることで、芝居がふくらみました。

また、外部のミュージカルとしては、出演者の人数が多く、宝塚と比べて薄くなった感じもしませんでした。だから、もう一度観たいと思える公演でした。

漫画と宝塚の相性はいい。だから、今後も男役だからできる役なら、外部でもやって欲しいです。今、思うのは、漫画ファンの多い「ポーの一族」。みりおちゃん(明日海りお)がOGとなったときに、あの美しく妖しいエドガーを観られたらなぁ。小池先生は、どう思っているのかなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。