京都でお花見しながらお弁当 鴨川(賀茂川)の半木の道と府立植物園

京都でのお花見というと、お寺や神社での桜は外せませんが、無料で楽しめる桜並木が続く名所があり、広々としていていいものです。

スポンサーリンク
その中でも、ブルーシートを敷いて、お花見をしながらお弁当を食べられるおすすめの場所を紹介します。

京都でお花見しながらお弁当 鴨川と賀茂川

京都市内を流れている川と言えば、鴨川ですね。街の中心部の四条大橋や三条大橋では「鴨川」ですが、上流に行くと、「賀茂川」と漢字表記が変わります。どうしてでしょう?

鴨川には多くの橋がかかっており、四条大橋から上流に向かって、7番目の橋が賀茂大橋です。ここは京阪電車の出町柳駅の近くになり、この橋のところで、鴨川は2つに分かれ、きれいな「Y」字のようになり、左(西側)は賀茂川となり、右が高瀬川となるのです。

総称としてこの川を呼ぶ時は「鴨川」になりますが、では、なぜ個別の名前があるのかというと、この合流点より下にある神社を「下鴨」、上にある位置するものを「上賀茂」としたからということです。なるほど~~、そう簡単に変えられるものではないのですね。

京都でお花見しながらお弁当を楽しむ賀茂川の半木の道

前置きはここまで。賀茂川の上流に、半木の道(なからぎのみち)と呼ばれる紅枝垂桜の名所があります。

賀茂大橋から4つ上流に行った北山大橋から、5つ目の北大路橋の約800mの間の東側の堤防道に、1970年代からに枝垂れ桜が植樹され、その後も時間をかけて大切に育てられ、多くの人が楽しむこの美しい並木となったのです。。

見頃は、ソメイヨシノが散り始める頃で、4月中旬寄りの遅めになります。ソメイヨシノとは違った濃い紅色の花が垂れさがる様子は、なんとも華やかで色っぽい。

半木の道という名称は、すぐ近くの京都府立植物園の敷地内にある「半木神社」にちなんでつけられました。

鴨川をはさんで対岸の岸の芝生にブルーシートを広げれば、桜並木を眺めながら、川のせせらぎや涼やかな風を感じながら、お弁当を広げてゆったりと食べることができます。鴨が川で遊んでいたり、野鳥が飛んできたりして、お寺では味わえない、京都のお花見ができます。

お弁当の後には半木の道をゆっくりと歩き、桜並木を観賞。棚で枝垂れ桜の枝を支えているので、桜のトンネルを楽しむことができます。

行き方
[北側から] 市営地下鉄北山駅より徒歩約10分。
市営バス北山橋東詰バス停から徒歩約2分。

スポンサーリンク
[南側から] 市営地下鉄北大路駅より徒歩約10分。
市営バス植物園前バス停から徒歩約3分。

京都でお花見しながらお弁当を楽しむ京都府立植物園

半木の道の東側が、植物園になります。「半木の道」の途中からも入園できます。入場料は200円必要ですが、ここには、役130品種・450本の桜があり、3月中旬の「寒桜」から4月下旬の「菊桜」まで、長い期間、桜が楽しめます。

大正13年に開園した、日本で一番古い公立総合植物園で、甲子園球場約6個分という広大な敷地であり、約1万2000種類の植物が植えられているので、春には桜以外にも、いろいろな植物の華やかさを楽しむことができます。

正門から入って西側、左斜め上に進むと観覧温室があり、その前にソメイヨシノとチューリップが同時に咲く、夢のような時期があります。

4月上旬だったら可能ですね!!

正門入り口からしばらくいくと「大芝生」という広々した場所があり、ここでブルーシートをしいて、お弁当を食べることができます。

京都でお花見しながらお弁当のまとめ

府立植物園なら3月からお花見して外でお弁当を食べて楽しむことができますが、ちょっと寒い。春の気配に負けて薄着にならないよう、用心にダウンが必要ですね。ソメイヨシノ満開の4月5日頃でも油断はできません。暖かい羽織ものを持っていきましょう。半木の道が満開の頃の4月中旬になれば、寒さを気にせず、賀茂川のせせらぎを感じながらお花見をし、お弁当をここちよく食べられそうですね。

水、花、緑に満ちた賀茂川で、春を満喫したらいかがでしょうか?

京都のお花見は混みますが、古都の味わいの中でのお花見には別格の魅力があります。だから、渋滞を避けて電車や徒歩を組み合わせて移動したり、街中をちょっと離れて穴場スポットに行ったり、時期をずらしたり、工夫次第で快適なお花見になります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。