SWITCHインタビュー柳楽優弥×藤田貴大 若く才ある俳優と演出家

SWITCHインタビュー 柳楽優弥 才能ある俳優

柳楽優弥と言えば、14才で、カンヌ国際映画祭で、史上最年少かつ日本人で初めて男優賞を受賞したことで有名です。TVのニュースで見て、切れ長の目元が印象的で、美しい少年だなと思思ったのを覚えています。

スポンサーリンク

映画は、是枝裕和監督の『誰も知らない』というもので、実際に起こった「子供置き去り事件」に基づいた作品です。柳楽優弥は、初めてのオーディションで、監督に「目に力がある」と主演の少年、過酷な状況の中で、幼い弟妹の面倒を見る長男の役、に選ばれました。

私が、柳楽優弥を再認識したのが、NHK大河ドラマの「直虎」でした。

初めて登場の時は、確か、女の着物を羽織っているような歌舞いた格好でした。尼であった直虎が、水浴びをしているのを見てしまうというような・・・。

柳楽の役は、一見、遊び人のようでしたが、、戦乱で両親を亡くし、同じような境遇の孤児を集めて結成した盗賊団の頭、龍雲丸です。

架空の役ですが、お色気担当で、しだいに直虎の心をとらえ、番組のドキドキ部分を担当します。

私も直虎同様、龍雲丸に魅了され、放送時に見て、二人の場面はすぐに録画を繰り返し見るというはまりようでした。

初登場の時、これが、あの時の少年か!と気づいて、ネットで情報収集すると、若くして大きな賞をとったことのプレッシャーから、心のバランスをくずして太ってしまったり、ツライことがあったようですね。

14歳って子供ですから。有名な子役が、大人になってから壊れる、という話は、時々聞きますよね。子役の魅力は捨てがたいし、難しいところです。

来年1月18日に公開の映画「夜明け」についての話もあるようです。

「夜明け」は是枝監督の愛弟子、広瀬奈々子の監督作品で、息子を亡くした小林薫に出会い、息子のような関係になり・・・という物語。小林薫も大好きだし、心にグサッとささりそうで、公開が楽しみです。
https://youtu.be/hGxaOtJZFHo

SWITCHインタビュー 藤田貴大 才能ある演出家

この方の事は知りませんでした。予告動画を見ると、俳優さんなんだろうというイケメンぶりです。

このルックスですから、やはり、子供時代は子役をやり、そして、演劇部にはいり、桜美林大学文学部総合文化学科に進んで演劇コースを専攻しました。

スポンサーリンク

でも、20才の時の、大学の学内公演で、「舞台に上がった途端に、他人の言葉しかしゃべれないって、ちょっと変なことだと改めて思った」ということ。俳優志望なのに、これって、すでに、自分の中に表現したいことがあるということですよね。そして、演出家になりました。

蜷川幸雄は、藤田貴大の2013年の舞台「cocoon」を観て才能を見抜き、「俺と同じ種族だ」と言っています。

SWITCHインタビュー まとめ

二人とも蜷川幸雄と縁があり、若くして才能にあふれています。その二人が、何を語り合うのか、何を感じあうのか、見逃せない番組です。映画「夜明け」は絶対見るとして、藤田貴大が演出する舞台も見たいものです。

撮影場所は、蜷川幸雄と縁の深い場所だったようです。素敵ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。