宙組『天は赤い河のほとり』新人公演感想 鷹翔・天彩で若々しく

主演の鷹翔千空は、宙組の前作の『ロマノフ』の新人公演で、真風の役をやっていて知りました。美意識の高い貴族の感じを、スラリとしたスタイルの良さで感じさせていたし、すでに声も歌も安定していて感心しました。あとで、まだ研3と知って、とても驚きました。そして、今回の主演。

スポンサーリンク

『天は赤い河のほとり』新人公演 配役に興味

相手役の天彩峰里は、組替え前の星組公演を最前列で観て、ショーで礼真琴と踊るシーンがあり、その時の表情のかわいらしさと、イキイキとした踊りに目が離せなくなりました。さらに、最後にエトワールもして、本物の歌手の声に魅了されました。

さらに、2番手の芹香斗亜の役ラムセスに、優希しおんが、ということで、とても観たくなりました。優希しおんは、宝塚の新公では気が付かなかったのですが、東京の新公で激しく踊るシーンに、魂を持っていかれ「あの人誰!」という興奮を与えてくれましたから。

CS番組で新人公演トークがあり、顔や話し方を初めて知りましたが、運動部の高校生のよう。さらに、声がかすれていて大丈夫かな、と心配に。

『天は赤い河のほとり』新人公演 学年が近いからの良さ

本公演は、宝塚で観ただけですが、漫画を知らないので、物語の展開についていけないし、感情が置いてけぼりになっていました。今回は、「これではわからないわ」、とか「話が飛び過ぎだわ」、ということを確認しながらの観劇となりました。

漫画が原作なので当たり前ですが、「漫画のような展開」には、新人公演メンバーのほうが違和感がなかったかなと。主演二人の技術は安定しているし、その他の主要メンバーも、歌がうまかったり、声がよかったりで。また、背が高い人が多い宙組なので、マントを翻す姿、ダンスがかっこよかったり、戦う時も、元気があっていい。また、この作品は、音楽がいいことにも気が付きました。

カイルの鷹翔は、今回のボリュームのある長い衣装は、あまり似合っていなかったなと。真風では素敵な衣装が、ガウンのように見えました。顔が小さければいいというものでもないんですね。

一通りきちんとできているのだけれども、これと言った強い印象がない。キスシーンも初めてということで、勉強になったことでしょう。セリフの声のいい人だなと思っていましたが、主演ともなると、聞き取りにくいところがあったり、熱が足りないというか。全体にサラリとした印象でした。

ユーリの天彩は、声がきれいなのが何よりいい。明るく聞き取りやすい。また、普通の顔のサイズなので、表情がよくわかる。健康的で溌剌しているので、敵の刀を抜いて、高校生の日本人が、大きな男と戦うところも、サマになっていました。

この二人は、当然ですが、本公演の二人よりも年齢が近い。ナチュラルな鷹翔に、溌剌とした天彩は、ロマコメ漫画でケンカしてるけど、だんだん好きになっていくような普通のカップルに見えました。本公演では、真風はお色気がありすぎて、どうしても、星風相手だと、大人が子供をからかっているようにしか見えなくて、最後までしっくりこなかった(個人の感想)。

『天は赤い河のほとり』新人公演 主演以外

優希しおんは、プロローグの登場で、前に走り出てくる勢いが、他の人と違って「オオーッ」となります。体幹の強い人というのは、これだけのことでも違うのだなと。もちろん、踊りのキレも違う。心配していた声は、思っていたより出ていましたが、歌はちょっと不安定でした。でも、他とは違うエネルギーがあり、新公なのだから、いい。これからの伸びしろに期待します。

エネルギーに溢れた体育会系のやんちゃな少年という感じで、「いつか、この国を変えて見せる!」というのに、やれそうな感じがあり、キキちゃんのノーブルな感じとは全く違います。でも、これから戦っていく、という役には合っていました。また、天彩の溌剌としたと感じも似合っていました。

スポンサーリンク

キックリの穂稀せりが、物語を語り始めるのですが、声も滑舌も良く聞きやすくて良かった。その後に出てくるカイルの弟のザナンザの真名瀬みらも、個性的な歌声が響きました。さらに、黒太子マッティワザの若翔りつも、存在も歌も迫力がありました。大きい人は、もともと声が低いのか、「女の子がやっている」という感じがないのに、驚きます。

本公演で別格の存在感だったカイルを陥れる純也ちとせのナキアと、星条海斗のシャルマでした。これを、華妃まいあと、瑠風輝がやっていました。ナキアは、キリッとした感じは出ていましたが、シャルマは、ちょっと瑠風には厳しかったかなと。ほとんどセリフもないし、長い金髪、白い服で立っているだけで、「誰、この人?」と思わせるのは、かなり難しい。今回マギーはサヨナラですが、マギーだからできた役なのだなと思いました。

男役の澄輝さやとの皇妃ネフェルティティは、遥羽ららでしたが、美しく、きりりと締まるシーンになっていました。最後に挨拶もしており、やはり、経験があると違いますね。かわいいタイプの娘役と思っていましたが、こういうのもできるのか、やはり、女性役は娘役がやるのが好きです。

そして、一番良かったのが、カイルが閉じ込められた地下牢で出会う、タロスの涼風なぎ。カイルがサラリとしているので、一人、専科の人が混じっているようでした。熱い気持ちが伝わってきて、ウルッときました。「この人、誰?」となり、後で調べようと思って、顔を忘れないように、しっかり見ます。そして、家に帰って本公演のパンフで見たら、どこにも出ていない・・・と思ってたら、地下牢の囚人の1人でした。このシーンを深く理解しているんだなと。本公演では、このあたりのストーリー展開がアレアレと進み、気持ちがついていませんでしたので。

『天は赤い河のほとり』新人公演 まとめ

前回の『ロマノフ』を宝塚で観て、作品として気に入り、当日の立ち見券で新公も観ました。東京公演も観ましたが、『ロマノフ』は、「新人が背伸びしてやってる」感がありましたが、今回の作品は、これはこれでいいのではないかとも。

真風にしても、芹香にしても、お色気ありすぎだったんだなと。だから、原作が漫画のこのストーリーに、お色気が邪魔してたのかなと。自分の感情のベクトルが定まらず、ポッ💛となる部分と、ストーリーを追うのがぶつかって、疲れたのでは?

今、改めてパンフレットの中のカイル、ユーリ、ラムセスの3人の写真を見ると、大人が子供を拉致しているようにしか見えない。

すでにストーリーを知っているというのもありますが、お色気に惑わされなかったことで、楽しく公演を観ることができました。新人公演には、常に発見があります。

宝塚での印象は、「男役は難しいんだな、新人だからしかたないのだろう」というものでしたが、東京公演では、主演の瑠風輝のドミトリーが、外見からもすっかり大人になっていました。見る側として、心を動かされる芝居ができていたし、熱い挨拶でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。