アナザースカイ(12/28)爬虫類ハンター加藤英明ウズベキスタンへ

爬虫類ハンターで有名な加藤英明さんが、「アナザースカイ」に登場します。
旅したのはウズベキスタン。ここは、中東の国で、かつてのシルクロードの都市があり、美しい青色をした建築群があることで有名です。加藤さんはどんな爬虫類と出会い、何を感じていたのでしょうか?

スポンサーリンク

「アナザースカイ」(12/18)ゲスト加藤英明さんとは

加藤英明さんは、爬虫類学者で、静岡大学の講師ですが、TBSの番組「クレイジージャーニ」に爬虫類ハンターとして登場、そのあまりの爬虫類への愛で、人気が爆発した方です。

「クレイジージャーニ」は、2015年に始まり、狂気の旅人(クレイジージャーニー)が世界を巡り、その体験をスタジオで語る番組で、DVDも発売されています。

また、加藤さんは著書もいくつか出しています。

とってもいい表情をされているし、真ん中の本の小さなとかげ(?)が、かわいいですね!

とかげといえば、子供の頃に住んでいた家の窓に、夜になるとペタッとはりついていたのを思いだします。この加藤さんの嬉しそうな顔をみると、「爬虫類ってかわいいのか?」と、意識がかわります。

「アナザースカイ」の特徴は

「アナザースカイ」は、今田耕司と中条あやみがMCを務め、ゲストの「海外にある第2の故郷」を紹介してもらいます。

この番組は、2008年から続いていおり、昨年2017年10月には、2週にわたり10周年記念番組を放送しました。今田耕司は当初からMCを勤めているということで、この人の魅力もあって続いているのでしょう。中条さんは2016年10月年からで、アシスタントMCとしては、6人目のようです。

「アナザースカイ」は、当初は、著名人のお気に入りの海外スポットを紹介する、という内容だったようですが、今は、ゲストにとって、その第2の故郷にどんな意味があるのか、というような厚みのある内容に変わってきています。

「アナザースカイ」番組内容は

「爬虫類ハンター加藤英明が砂漠地帯に調査へ向かった!今回のお目当てはロシアリクガメとオオクチガマトカゲ。極寒の砂漠での数日間に渡って大捜査…果たして見つけることは出来たのか?

ロシアクリガメ

オオクチガマトカゲは↓

https://youtu.be/yT78IuxRlZk?t=2

なんか、かわいいですね!

スポンサーリンク

「世界4位の大きさを誇った湖の水が60年の間に消えた…その驚くべき理由とは?シルクロードに栄えた古代都市ヒヴァに再訪し景観の美しさに大感動。」

ヒヴァ

紀元前から城郭都市として発展していった古都で、 交易の中継地点として、「シルクロードの十字路」の機能を果たしてきたということですが、写真で見ても美しいですね~💛

「爬虫類ハンターは生物学者として何を感じて学んだのか?」

ここが「アナザーワールド」の特徴ですね。

「クレイジージャーニ」以降、爬虫類と接する姿がすでに有名になっている加藤英明さんですが、「アナザースカイ」ならではの魅力はなんなんでしょう?楽しみです。

ツイッターより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。