ホワイトデーのお返し 職場のみんなに贈る、通販人気店のマカロン

職場のバレンタインデーで、女性社員何人かが集まって、男性社員のみなさんに、というように渡された時のお返しの場合。女性がみんな一緒に渡すのはいいけれども、男同士が一緒にするのは印象がよくない、小さいものでも、個々に渡すほうがいい、というのも聞きますが、それだと、準備するのも渡す手間も大変ですよね。そんな時に、見た目の華やかさのあるマカロンなら、みんなで選ぶ楽しさもあって盛り上がるし、おすすめです。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し みんなに贈られたマカロンがおいしかった

若い女性向けのお菓子と思っていたマカロンを、私が初めて食べたのは、会社のホワイトデーのお返し。部署全体に上司からもらった時でした。20個入りくらいだったのでしょうか?皆で「どれにする?」とワイワイしながら選びました。食べてみると、意外と甘ったるくなく、サクサクした感触とクリーミーな感じが溶け合いおいしい!!なるほど、だから人気が出るのだと。

今、一時ほどのマカロンブームは去りましたが、それだけに、パリや都心のブランドではなく、地方でコツコツ職人魂を生かして作られたマカロンで、人気のものがあります。マカロンは1個の単価が少し高いですが、地方の菓子店では経費に余裕があり、品質が良くなります。そして、今は通販があるので、デパートに買いにいくより手間がかかりません。

ホワイトデーのお返し みんなで楽しむ山口県の「フランソワ」

フランソワは、本州の西の端っこ山口県で、50年ほど前に創業したお菓子メーカーです。和菓子と洋菓子を作っており、フランソワはその洋菓子部門です。ここに、楽天ランキングで連続入賞している人気の「天使のマカロン」があるのです。

マカロンは、クリームをはさんでいるので、賞味期限があります。そこで、フランソワもマカロンはひと手間かけ、脱酸素剤を入れた個包装にして、2週間も日持ちがします。これは、職場に贈るのには大切なことですよね。ホワイトデーの当日にいない人がいても問題ないし、もらった側も、すぐに食べなくてもいい。また、女子の大好きなリボンをかけるなど、華があるのが素敵です。また、希望すれば、お礼のコメントをシール張りしてくれます。

サイズは1個/213円、2個/475円、5個/1,264円、12個/3,392円、18個/4,731円、25個/6,270円

リボンのついていないもののセットもあり、価格が安くなりますが、せっかくのホワイトデーなのだから、リボン付きをお勧めします。かわいくて、嬉しくなりますから。

箱の値段の関係なのか、この写真の12個は1個282.6円ととても割高になっています。5個入りだと1個252.8円。10個必要なら、5個入りを2セット買ったほうがいいですね!

https://item.rakuten.co.jp/srr-cake/makaron7/

ホワイトデーのお返し みんなで楽しむ香川県の菓匠「もりん」

「もりん」は空海発祥の地、香川県の観音寺で20年程前に創業されたお菓子メーカーです。香川県には、和三盆という高級な砂糖があり、手打ちうどんだけではなく、お菓子作りにふさわしい地域でもあるのです。

「もりん」には「至高のマカロン」という人気商品があり、冷凍配送されます。だから、着日の指定をして、冷凍庫に保存しておけば、ホワイトデー当日までに余裕をもって準備できるのです。

もりん マカロン10個入 2,160円

また、ご自宅用として、20個入、3,980円というのもあります。店舗としては、ちょっとしたところの不合格品のようですが、一般人から見れば、全く問題ないレベル。10人の職場なら2個選べる。こういうのも、また、皆で盛り上がり、楽しいですよね。

https://item.rakuten.co.jp/kasyou-morin/c/0000000126/

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し みんなで楽しむ名古屋の「カフェ タナカ」

画廊で働いていた創業者(田中寿夫)が、「フランスのカフェのような交流サロンを作りたい」という夢を実現して、1963年に自家焙煎珈琲専門店として創業したのが、「タナカコーヒー」。その娘の田中千尋は、「父のコーヒーに合うフランス菓子を作りたい!」という想いから、20歳で渡仏。 名門パリ製菓学校「リッツ・エスコフィエ」でフランス菓子を学び、卒業後はトゥールジャルダンなどの3ツ星レストランや有名ホテルで修業し、フランス洋菓子の歴史や技、エスプリを習得。帰国後は、パリのカフェのようなテラススタイルを導入して店舗をリニューアル。「タナカコーヒー」から「カフェタナカ」へと生まれ変わりました。フランス仕込のパティシエが作る優雅なスイーツたちは徐々に人々を魅了し、人気が高まっています。

カフェ タナカ マカロン10個入り 2,538円

こちらも日持ちが10日ということで、準備しやすいですよね。

http://cafe-tanaka.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1468890&csid=0

ホワイトデーのお返し みんなで楽しむマカロン

日本人の職人魂は、本場のお菓子をも超える力があります。先日テレビで、日本人がフランスで作るワインで、大変人気のブランドがある、という番組がありました。日本の職人はとことんこだわるんですね。だから、海外の有名ブランドでなくてもいいのです。職人のこだわり、ぬくもりを感じられる地方でがんばっているお菓子メーカーのマカロンをお取り寄せし、ホワイトデーのお返しを、みんなにわいわいと楽しんでもらえるものにしたらいかがでしょうか?

ホワイトデーにパイを贈るというのは、円周率3.14のことをπ(パイ)ということからきているます。だからこそ、こだわりのあるパイを選び、差別化しましょう。お取り寄せすれば、おいしいものと出会えます。北海道六花亭と神戸モンノワールのパイの紹介。
高級ブランドのお菓子を、ホワイトデーの職場のお返しにするのもいいですが、自然豊かな地方で生まれたお菓子を、通販でお取り寄せにするのもいいものです。職場の女子社員が少ないならば、1000円以内のものを個々に贈るのがおすすめです。
バレンタインデーの義理チョコの場合、ある調査では、「お返しはいらない」という女性が約35%を占めて1位。2位は1位と僅差の34%でクッキーと無難なところ。でも、今年は、ちょっと印象に残るものを、職場のみんなに贈ってみませんか?
ホワイトデーのお返しで、同じ部署の女性全員に対して、自分一人でお返しを贈る時、ゼリーはいかがでしょう。これなら、1個ずつになってるし、職場は暖房で結構暖かいし、3月ともなれば、ヒンヤリしたお菓子が新鮮な驚きがあるのではないでしょうか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。