川瀬巴水一覧

なんでも鑑定団(12月11日)川瀬巴水の版画が10枚、本物でした!

依頼人ののお父さんは、美術品の収集が好きで、コレクションの重みで家の床が抜ける程だったと。家族はあきれていたけれども、依頼人は、お父さんの蘊蓄を聞いており、結婚する時に持っていってくれと言われていました。でもお父さんが亡くなり、わからないままに。

なんでも鑑定団 川瀬巴水は昭和の広重 スティーブジョブスも愛好

川瀬 巴水(明治16年 - 昭和32年)は、新しい浮世絵版画である「新版画」を確立した人物です。日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し、「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれています。海外ではスティーブジョブスが、愛好していたことは有名です。